忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6/21(水)放送 「プリマダム」最終回

生放送ってどっからだったの? 嵐子(中森明菜)の病気からバレエ発表会を拒んでしまった佳奈(黒木瞳)が駆けつける前からもう土井バレエ教室の面々は会場にいたからこのときから?

でも、佳奈も佳奈でちょっと見てられなかった。嵐子も生死の境を彷徨ってるわけだもんなぁ。手術が成功して・・・またもや急変したり、こんなんじゃ佳奈も心配してバレエどころじゃなくなるのも当り前。遥生(中島裕翔)のことを思うとそれが正しい選択だと思う。

でも土井バレエ教室の面々が佳奈が来るまで待ちつづけたのってこういうパターンはこれまでもよく合ったし(特に「金八」)。それに最後の佳奈の生放送での挨拶も何らかのイベントという形で最後はドラマを見たという感じはしない。

でもこのドラマ主婦のあることへの希望や不安を折り込んで刻んだ形で企画はそれとなしに良かったと思う。要は、生放送って必要あったのか?それだけが最終回で尾を引いたところかな~。
PR
6/14(水)放送 「プリマダム」第10回

何かストーリーがめっきし違う方向へ進んでるような気もするんだけど、高太郎(古田新太)は熊本への転勤を告げられ、最初は佳奈(黒木瞳)のこともあってか(?)勝手に単身赴任を決意するんだけど結局は家族揃って引っ越すことになるし・・・。

それに、バレエ発表会も半年後って、まだまだ先のことみたいで、いきなりのことだったから佳奈も佳奈で焦る気持ちが理解できる。ってか焦る以外何があるのよ? こういう問題って落ち着くことさえ、冷静になって考えると時間も過ぎに過ぎていくしなかなか解決しないと思うんだけど。

だからバレエの発表会を早めてもらう・・・しか方法がないと思う。

こういう事態で冷静になってたりするとちょっと呑気すぎるよ。一時期は発表会への参加を諦めた万田家だけど、これじゃ佳奈もきっと後悔してたところかも。だから、発表会を前倒しするとかそれで手を打つしかないな~って思った。
6/7(水)放送 「プリマダム」第9回

嵐子(中森明菜)が倒れて事態はますます悪い方向へ向かってるんじゃ? 遥生(中島裕翔)には嵐子ママは出張に行ってると嘘をついておくことになるんだけど、結局はばれちゃって。

でも中学生にもなってくるとこういう問題って分かってきてるだろうしわざわざもう隠さなくてもいい年頃なんじゃ? もう小学生じゃないんだから。

パリの優秀な先生が遥生に興味を持ってバレエのテストをしたいと言うんだけど母親のことが気がかりな遥生は練習にも集中できないし。でもこういう事前に母親の病気を知るってのはちょっと問題外だったかな。佳奈(黒木瞳)らもこういう空気を読んだ上で遥生に嘘をついたんだろうか?

でも「もしも・・・」っていう言葉を聞くと遥生を不安にさせたのはちょっと気まずかったかも。ちょっとどうしたら良いのか黙っておくべきなのかちょっと悩む問題だね。




5/31(水)放送 「プリマダム」第8回

病気もそうなんだけど嵐子(中森明菜)が畠山(内藤剛志)の策略でバレエ団を奪われてしまって窮地に追い込まれてるようで、かなり辛い状況に置かれてるよね。

また、遥生(中島裕翔)もお金に困ってバレエをやめるとまで言い出して、ここんとこちょっとコメディなのに中だるみが激しいかな~という具合だね。金銭的に苦しい面だし、二人揃って万田家に厄介になるわけだから、どうしたら良いのか本当に分からん状態。

もっと明るいドラマだろうとは思ってたんだけど、嵐子の病気のことが分かってちょっとコメディがギュウギュウに押しつぶされてる感じがする。ちょっと見るのが辛くなってきたかな~という感じ。嵐子が留守中の匠先生(小林十市)に代わって土井バレエ教室の講師を引き受けるってのもちょっと良くないだろうしね。

ちょっと現時点では中だるみが辛いところかな?

5/24(水)放送 「プリマダム」第7回

何か発表会の過程もそれ程印象が薄いってイメージしか沸かんよなぁ。娘二人(夏帆・志保)がお母さんの佳奈(黒木瞳)だけでも発表会に出させてあげて欲しいと頼むのもあまりにも唐突すぎた。

そもそも佳奈ってお金に困ってバレエをやめた理由なのに、それを知って佳奈にバレエの発表会に出させてあげて欲しいという展開はどうも虫が良すぎるような~。だからあまりにも唐突過ぎてそれでええの?って思わせぶりな展開で見てて締まりの展開のような。しかもこの発表会って一人費用が6万円もかかる費用だったんでしょ? だとするとやはりあまりにも虫が良すぎるような感じがする。

でも、娘二人がそれ程佳奈ママの気持ちを理解してあげてたのは如何にも娘らしいって感じだったよね。でももうちょっと場の空気を読んだほうがええのではないか!?

畠山(内藤剛志)の唐突なプロポーズも何が何なんだ!?その裏にも意外な面があって、それを知った嵐子(中森明菜)も激怒しちゃうわけだし。この畠山って男もイマイチ意味不明な男なんだよなぁ。。。(汗)

嵐子の病気は果たして大丈夫なんかな? 最終回にはご臨終になってんの? 最終回は生放送なんだよ。だから如何にも死ぬという展開は辞めて欲しいかも。





カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]