忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8/19(日) 「パパとムスメの7日間」最終回

☆☆☆

桃をゲットしに行こうとした山で恭一郎の姿の小梅が足を滑らせ、助けようとした小梅の姿の恭一郎も転落。

ま、結局は二人とも戻ったってことね。初回で元に戻りたいと自分から階段から転げ落ちようとした二人だけど、何か自然と事故に遭った事で、入れ替わったり、元に戻れた?そんな感じがしました。

でも和香子が最後の桃を手にしようとしたときに起きたことなので少しは桃も関与してたような気もしますが。。。

これで小梅も普通に学校へ通えるようになり、恭一郎も会社へ普通に通えるようになり・・・二人にいつもの日常がまた戻ったというわけです。

7日間=1週間ということで入れ替わった時間が短く感じられたと思うので、さみしくなりそうだなぁとは思うけどね。

でも、元に戻った二人でも以前よりかはかなり仲良くなってたね。他のドラマより早く終わってしまうのは残念だけど、親子の絆を見直すとても良い作品だった。
PR
8/12(日) 「パパとムスメの7日間」第6回

☆☆☆

何か、あの事故直前に恭一郎と小梅が電車の中で食べてた桃にどうやら、ヒントが隠されてる?って回だったね。

そっか、、、あの二人が食べていた桃は人格が入れ替わるという伝説があったのか。初回から前ぶりとして気づいてた人も多いみたいだけど、おいらはそこまではあまり気にしてなかったので。

和香子さんが恭一郎を愛してる感じだし、その伝説を小梅の祖母・ひそかさんから聞いて自分が理恵子さんと入れ替わりたいキモチも悪くないかも。そういう「自分で入れ替わりたい!」という発送がインパクトあるし。

で、恭一郎と小梅だけでなく、和香子までもがその伝説の桃を取りにいこうと山へ向かうだけど、何で、中嶋さんと一緒なのよ!?(笑)

来週は最終回! 和香子さんが理恵子さんと入れ替わりたいという思いよりもやはり恭一郎と小梅が元に戻れるか・・・おそらく、そこにかかってるんだろうね。
8/5(日) 「パパとムスメの7日間」第5回

☆☆☆

小梅としての恭一郎・・・赤点取ってしまった。。。しかも学年中で最下位ですとーーーー!?

でも三者面談では理恵子に知られてしまったのはともかく、恭一郎としての小梅にばれるとまずいと思って奔走するの分かる。あんな、赤点だらけの点数、誰にも知られたくないのが普通だし。

でも担任の田口浩正さん、このドラマではガッキーに対してなんか変態!?って感じが、あの目つきこそが・・・(爆)あんな、担任に呼び出されるの、自分なら絶対に嫌やぁ!!

一方で、恭一郎と和歌子の浮気疑惑が気になり、気になり・・・不機嫌な理恵子さん。もう、ここまでくれば堪忍袋の尾が切れた見たいなっ!?(笑)

個人的には健太と小梅の関係が気になって仕方がありません!(笑)このドラマは、早く終わるのでいよいよ残すところあと2回です。
7/22(日) 「パパとムスメの7日間」第4回

☆☆☆

小梅としての恭一郎は期末試験を受けながら、電話で恭一郎としての小梅の御前会議の心配をする。

だが、中身が入れ替わっているせいか小梅としての恭一郎の期末試験の結果は散々で担任教師(田口浩正)から説教を食らう羽目に。

でもそんな説教を食らいながらも御前会議のことを心配する、様子を伺う姿が楽しい。逃げたり、トイレに行くとうそをついてまで会議の様子を伺う小梅としての恭一郎。でも、携帯が充電切れでその頃、充電器に携帯をつなげて電話していた担任の充電器を奪い取るのはまずいでしょ。それだけ心配なんだろうね。

一方で、恭一郎としての小梅のほうも、これまた中身が入れ替わっているせいか、御前会議の終わり際にとんでもない発言をして周囲を驚かせてましたよ。

正直、親子って入れ替わると、勉強も仕事も「ダメ」になってしまうのが良く分かった回だったかも。実際には入れ替わることは不可能ですが・・・<当たり前!

あ!最後で理恵子さんが和歌子のジュエリーを見つけちゃいましたよ。そういや、麻生祐未で思い出したけど「愛していると言ってくれ」で常盤貴子が劇団の公演でどこかに言ってる間、トヨエツが自宅に元カノ(麻生)を連れ込むんだけど、このときに指輪を落としていって、帰ってきた常盤ちゃんが気づいたってこともあったな。それに常盤ちゃんも今作の麻生祐未も最初に片づけみたいなのしてたときには気づいてないのよ。それで後に気づくんだけどさ。。。同じTBSだし麻生祐未が10年越しに狙ったって感じも(笑)

来週は選挙速報のためお休みです。
7/15(日) 「パパとムスメの7日間」第3回

☆☆☆

恭一郎として和歌子と食事にいった小梅。もちろん和歌子から相談を持ちかけられたわけだけど、小梅としての恭一郎に相談事を持ち帰れといわれる設定がまた実に楽しい~♪(笑)

学校では定期試験が行われるものの小梅としての恭一郎はあまりできず、留年決定かも!と思い込み、自宅に律子などを連れ込んで必死に勉強。

会社では恭一郎としての小梅の提案で新商品のサンプルが作られる。そんな中、前もって知らされていたことだけど会社が停電することになって川原家で仕事することに。もちろん、学校の仲間、会社の同僚などと鉢合わせすることになってしまったね。

そんな中、和歌子は理恵子に恭一郎(としての小梅 ※どちらとも入れ替わってるのを知らないためにあえて「括弧」をつけました)に食事したことを謝罪。理恵子がちょっと疑い深くなってましたよ。ま、恭一郎と小梅が入れ替わってる以上それを知らないために仕方ないかもね。

でも、中嶋さんのお父さんが危篤と言うのはそれぞれが勉強や仕事などがんばってる中、あまり必要なかったような気がする。

このドラマ、全7回の理由はやはり「世界陸上」の影響だったんだね。でも後から昨年の「セーラー服と機関銃」を思い出して同じTBSだからそれと同じでまた1クールの内に前期と後期で分かれるんかなぁと疑ってみたりもしたけど。やはり「世界陸上」の都合だったんですかぁ。

ってことはもう半分まで来てしまってるじゃないの。


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]