忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6/26(火) 「鬼嫁日記 いい湯だな」最終回

☆☆☆

銭湯に現れた女性泥棒を逃がしてしまったカズマ。早苗は情けないとカズマに言うが、今回はカズマもいつも以上に負けてたまるか!だった。早苗にお前の鬼嫁ぶりにはうんざりと反抗。早苗は怒り、まどかを連れて家出するんだけど、実家が留守中でダメだったみたいで、陽光院宅でお世話になることに。

でも、でもーーーパート2の最終回はカズマも強気でしたね!かなり。早苗の鬼嫁ぶりから優しい嫁ぶりへ改心させるチャンスだと強気に出て折ろうともしない。早苗に反抗したのに謝罪を求めるどころか好き勝手。陽光院宅から早苗の見てる手前、キャバクラだーーーキャバクラーーと。

でも、早苗も一時は改心する気はあったみたいね。「自分も間違ってたら折れるべき」と思ったみたい。でも、自分が離婚届を持っているところを店の常連客に見られてしまった(ほんとはそんな気はなかったみたいですが)。ここは竜五郎が早苗の母性本能をくすぐる行動を取るためにも病気を装う。でも、コレが結果的にばれてしまった。

一方でカズマは例の泥棒を捕まえたが、この女性の裏で糸を引いていたヤクザ風の男がいた。この男にぼこぼこにされたカズマだが早苗はカズマまでもが演技してると思うが、警官(川田広樹)の証言により、早苗は演技してると疑ったことを謝罪。

そして、カズマも「戻ってきて欲しい」「今ままでどおり鬼嫁でいい」と結局は早苗の家出問題に関してはカズマ自身がしぶしぶ、頭を下げる羽目になった・・・だけど、早苗はカズマが自分が留守中の間に好き勝手やったことは認めてなかった。やはりこうなっちゃうわけね。。。

パート1の最終回は続編って絶対にない!って思ってたけど今回は続編やる!?という終わり方だったな。
PR
6/19(火) 「鬼嫁日記 いい湯だな」第10回

☆☆☆

結局は早苗と早苗にリップサービスをかけた男性・田辺(松田悟志)は不倫はしてなかったってことなんだよね。

でも、早苗も今回ばかりはカズマに隠れていつも以上にこそこそしすぎじゃなかった??

①留守中の陽光院の寺に早苗が田辺と一緒に入る
→田辺の母が陽光院という噂が浮上したためそれで二人で陽光院宅に行ったわけ。

②最初のTEL「私を連れて逃げて」→早苗は今度女優業をやることになったユリユリに演技のアドバイスをしてただけ。

③その後のTEL「罪を犯してしまった」→早苗は陽光院と田辺の関係の噂を探るために陽光院の寺にあった写真を見てしまっただけで陽光院に誤ってただけ。

ま、どれも誤解されそうな行動ですね。③の電話はともかく②の電話はちょいとどうなのさぁ。

田辺が最初に早苗と一度お会いしたいと言ったのも不倫という意味ではなく自分の母親が誰かを知りたかったんだろうか? 陽光院が自分の母ということが浮上すると、そりゃ、陽光院の近所で知ってる人に聞きたくなるもん。でもこういうことなら、カズマでも竜五郎など男に聞いても悪くないんじゃ? こういう場合、性別は関係ないし。それに、早苗にリップサービスをかけたときに「今度会いたい」というよりはそのときに聞いても悪くないと思うし。田辺も要領よく行動したほうが早苗もそれほどカズマから誤解を受けずに済んだはずなのに!
6/12(火) 「鬼嫁日記 いい湯だな」第9回

☆☆☆

早苗ってジューン・ブライドだったんだぁ。ましてやあの正確にしてちょっと合わない設定かなとは思うけどさぁ(笑)

早苗はわざと結婚記念日を忘れた振りをしてカズマからのプレゼントを楽しみにする。

一方、カズマはユリユリがファンと向かう誕生日バスツアーの抽選に当たった。しかも自分たちの結婚記念日とダブルブッキング。カズマってこういうことになるとどっちかっていうと自分の本命のほうがあきらめ切れないタイプだから、中学の同窓会があるとうそをついてツアーに参加しようと決意。とはいえ、今作のカズマってちょっと前作と比べると早苗に対してうそつきすぎじゃない?

一方で早苗もユリユリからこのツアーに誘われた。この日、カズマが同窓会があるなぁと思い込んでる早苗はカズマに内緒で参加することを決意。

早苗とカズマは集合場所で会って、カズマは嘘をついたことをまたまた早苗にやり込められるのかと思いきや、このツアーには潮干狩りのイベントもあったらしくカズマがシャベル(熊手?)の準備をしていて、一方で早苗はそれが見つからないと探しててカズマのカバンの中から出てきたのを見つけ、しまいにはユリユリの写真集なども見つけてしまった。で、早苗が集合場所が変わったと嘘を向かいの久美と健作の店のFAXを借りてカズマに送りつける。そして、その嘘の集合場所でカズマが早苗にやり込められる結果に。

毎度毎度思うんだけど、カズマっていろんな作戦を練ったり、画策を考えたりしても上手く行かないのがオチなんだよね。ま、タイトルに「鬼嫁」と入ってるから最後、カズマが早苗にやり込められるのは最小限、必要なのかも。
6/05(火) 「鬼嫁日記 いい湯だな」第8回

☆☆☆

男がフラメンコってちょっとやりにくいよ! 一言で言ってしまえばまるで「女性だけの世界」って感じだもん。それを強制的にやらされるカズマもちょっと可哀相だよなぁ。カズマも乗り気でない気持ちが分かるし。足を捻挫した振りをして練習をサボろうとする魂胆、分かる。

でも、囲碁がやりたいなど言ってうそを積み重ねるのはよくないなぁ。

一方で、早苗はフラメンコ用のシューズを買おうと考えていたけど、カズマの碁盤が壊れたと知り仕方なく三万円出すことに。。。

カズマは調子に乗り、三万円で馬券を買い、碁盤のほうは甘味処の碁盤を借りてくるなどして、今回はいつも以上にうそを重ねすぎたって感じも。ちょっと調子に乗りすぎたね^^;

でも、早苗の欲しがっていたフラメンコシューズを買ってあげたのが救いだったかも。
5/29(火) 「鬼嫁日記 いい湯だな」 第7回

☆☆☆

まどかを塾に通わせたいと考える早苗。まどかが乗り気でないのでまどか自身が自分から塾に通いたい!と言い出すような環境づくりに励む。

でも小1とかだと勉強よりも遊びたい!って思ってる子が多いんじゃないかな。4年生くらいになると中学受験をしたいと言い出す子も多いから塾に通いたいって子も増えるだろうけど。

おいらが保育園のころから通っていたのは「公文式」で学校の勉強と平行してやってるわけじゃないから完全な「学習塾」とは意味が違うのよね。だから自分が小学校1年生のころはこの「公文式」が楽しかったからか、学校の勉強のほうはあまり好きじゃなかったし普通の「学習塾」はまどかちゃんみたいにあまり興味がなかった思い出が。だから、まどかちゃんが乗り気でない気持ちがよく分かるなぁ。

カズマ毎日パフェを食べさせようとまどかを塾に通わせようと決心。このワンパターンはドラマどころか「サザエさん」とか(特にタラちゃんに対して)のアニメでもよく見たのであまり新鮮さはなかったね。特にカズマのようにお父さんがやりそうなことだ。

早苗は早苗でカズマと竜五郎に知性を持たせようと問題を出題。でも、カンニングがばれてしまった。。。不正やインチキはどー見ても早苗が容赦ないタイプだよね。


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]