忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12/16(土)放送 「たったのひとつの恋」最終回

金をゆすったり・・・ナオの父の店の前をうろついてたりして不審な行動をとっていた弘人の母もすっかりデパ地下の食料品売り場で働くなどしてええお母さんになったじゃないのよーーー。でも個人的には「略奪愛」の時よりかは断然マシな方のキャラやったと思う。

ナオはというと婚約解消し、教師として活躍し、北海道の養護学校へ転勤することを決意。でも他のドラマでも度々あったけど上京する前に思い出の場所って誰しも行きたくなるもんよね。で、「思い出の場所」というのが弘人の工場だった。そこにはナオにプレゼントする筈だったものが出てきて、ナオもそこに置手紙を置いていった。言っておくけど弘人も普通にナオの家に行く訳よね。

でも個人的にはこの「プレゼント」と「置手紙」が唯一の救いだったよなーーーって思う。この置手紙に弘人も気づいて、ちょうどそこの頃北海道に向かうナオを追いかけようとした訳だし。ナオがもし弘人の工場を訪れていなかったら・・・弘人がナオを追いかけるってことなかったもの。ナオもバスから弘人が追いかけているのに気づいてバスから降りて・・・終盤、数年後が経過しているものの、最後はちょいと良い感じじゃなかった? ま、バスにスーツケースを忘れたのは弘人が咄嗟に現れたからビックリしたんだろうけど。結局は収まるところに収まったなーーーって個人的には思います。

結局、あれはナオも北海道へ向かわなかったんだろうね。でもナオの病気ってあまりそれほども深く取り上げられていなかったような気もするけど・・・この辺りはどうなんだろうか? ま、ナオが死ななかっただけでもよしとしましょう。

最終回は結構よい最終回だったな。実に北川さんらしい最終回だった。
PR
12/9(土)放送 「たったひとつの恋」第9回

ドラマではよく最終回で「○○年後」というのが多いけど、このドラマでは最終回の前の回で数年後が経ってしまったよ。

結局、弘人とナオは駆落ちにまで走らなかったな~って感じだったね。でもナオの家族は皆が弘人との交際を許可してないわけだし、このままナオの家族に迷惑や心配をかけてまで駆落ちに走るという訳にもいかないよね。「全てを捨てて一緒にいたい」という発想はできるものの、やはりナオの家族に迷惑をかけてはアカン分、一歩下がることも必要だよな~。

弘人とナオが別れて数年後、ナオに婚約者(池内博之)が!! 甲も裕子ではなく別の人と結婚していたようで思いがけない展開だったけどごっつう自然な感じがした。ここで意外や意外な展開に持ってくるのって何か納得できるのよね。ただ、最終回をどのように纏めるのかが気になるけど。

でも婚約者が出来た分、弘人と再会したナオはさぞかし複雑だっただろうに間違いないやろうね。
12/02(土)放送 「たったひとつの恋」第8回

やっぱ、ちょっと古臭い? 「駆落ち」なんて言葉って今の時代使う人っておるんやろか?

でもガードまでつけられて、弘人との交際を親に禁止させられたんじゃなー、ナオもそりゃ家を捨てると言って、弘人との駆落ちに走っちゃうのも無理はないよねー。

弘人は、ナオの父親から自分の母親が金をゆすったってことを聞かされたよ。このナオの父親も軽軽しく、弘人の目の前で言うなんてどうなのだろうか? あまりにもナオの父親の行動に無理がありすぎる。弘人もそりゃ、傷つくやろうな~と思いながら見てたよ。

感心してはならんのやけど、弘人の母親もなかなかやるね~。今度はナオの父親経営の宝石店の前を不審にうろつくだのしちゃって、うぉーこわー。

あのナオが自宅からライトを照らして弘人もライトを照らすってのが少し心強かったな~。

おいらもこんな風にライト照らしながらお互いの愛を確認しあってみたいな~♪(笑)
11/25(土)放送 「たったひとつの恋」第7回

余さーーん!! やっぱ弘人の母と「略奪愛」での稲森&紗理奈の母は同じだよーーー。弘人と菜緒の写真をネタに菜緒の父に金をゆすってるよーーーーっ。確か「略奪愛」でも離婚した夫(小林捻持)に電話で金をゆすっていたっけねーーー。

でも、今回はジャニーズちゃんの母親なのにそんなことしちゃおしまいだよッ!!

でも、菜緒が兄のナメジュンに携帯を止められたってのは痛いよなーーー。もちろん弘人のこともあるんだろうけど、母親の田中好子も「弘人とは会うな」と言って来た。

あんまり関係ないけどこの枠で田中好子がヒロインの母親を演じると「家なき子」のすず@安達祐実の母を思いだすんよな。かれこれもう10年以上経ったのね・・・(遠い目)

しかも菜緒にガードをつけるなんてどうなるんやろなー。あの菜緒に絡んできた不良が今でも弘人の仲間だと思いがちなんだけど、あれってただの同級生だったよね?確か。でもガードってのは菜緒をやたらと一つにくくりすぎてて嫌気が指すな~。菜緒を一つのものさしで図ってるような。

んなことしたら、菜緒がかわいそうですッ!!
11/18(土)放送 「たったひとつの恋」第6回

な、なんとーーっ。菜緒に衝撃な事実・・・。菜緒って脊髄移植をしたことがあるらしい。で、奇跡的に手術は成功してるらしいけど再発の恐れもあるみたいなんだよね、それが。ええーーーまさか、最終回、菜緒って死んでしまうってことはないよねーーー!?

それが、ちょい不安。主要5人は誰もが健康であろうと思っていたのにそこでそんな安易な展開になって欲しくないのを期待しよう。

でも、弘人が菜緒がこれ以上山下に酷い目に遭わされない為にも山下の元へ向かって菜緒をこれ以上酷い目に遭わせたら許さないことを説得しにいくんだけど、そこで突きつけられそうになった山下のナイフの刃の部分をを握り締め手から大量の血が。。。

根性あるけど、亀ちゃんの手から血がダラダラダラ流血していたのは一生心に痛みそうやなぁ。

菜緒と裕子は甲のことでどうしても素直になれない裕子のことで喧嘩してしまうが、謝罪のメールを授業中に送って仲直り。。。なんだけど、コレが英語(?)で悲しいお話をやってる最中だな。教授には二人が笑っていたのを見ていたらしいし、二人とも顔に出るタイプ? まさか。もっとポーカーフェイス保とうよぉ(笑)


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]