忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3/22(木) 「きらきら研修医」 最終回

☆☆☆

うさこは辞表をみかこに提出した後、病院を去るけど定食屋さんと知り合う。そこで手伝いを始めるうさこなんだけど、まだ気持ちの整理も完全に片付いてないって感じだし、本当にこれでええの?って思ってしまったな。

そこでその定食屋の奥さんが倒れてしまい心肺停止に。救急車で病院を運んだ後、うさこはみかこに助手につかせてほしいと頼み込む。そう、ここはうさこ先生の出る幕だ、出る幕だ!って思わず思ってしまった。何せ倒れた現場に居合わせたのもうさこ先生なんだもの。

でも手術は見事成功したようで良かった。これを機に医者にまた舞い戻ろうとするうさこ、もう一度チャンスをもらったうさこがタイトル通りまたきらきらして見えた!

一年後の姿まで描かれていてうさこ先生は無事、皮膚科の先生になれたのね!おめでとう! 逆にタピオカ君が医大合格というのはありえないって思ってしまった(笑)

やはり、うさこ先生は定食屋の割烹着とかよりもこっちの白衣のほうが似合ってるよ!!

最終回、とにかくうさこ先生が戻ってきてくれたことに感謝^^ うさこ先生がいなきゃやっぱりダメなんだよな。
PR
3/15(木)「きらきら研修医」第10回

☆☆☆

もう一山という感じかな。今度は外科と治療法を巡り対立か〜!

そもそも内科って外科との対立関係にあったらしいし〜。

うさこがそんな中、診断ミスを侵してしまった〜。でもうさこはここで医者を辞めちゃうのだろうか。

医者の厳しさの実感を味わってるよね〜。前向きな姿が良かったのにうさこらしくないな〜。頑張れ〜。ここはめげずに奮闘してほしいぞ。うさこは何をしてもめげない天性の明るさがそれだけでも好印象だったのに。。。

でも内科と外科の対立ってどこでも多そうだね。
3/8(木) 「きらきら研修医」第9回

☆☆☆

あのうさこのブログの内容って時々、劇中でも映るし、うさこの心の中のセリフでも出てくるけど、それ程イメージを著しく損なう表現かな~?って思うんだけど。っていうかこれっぽちも考えられん。あの程度のことなら自分が仕事であったことをただ書いてるだけだし、医者なら他にもやってる人多いと思うな。

ま、タピオカ君が不当解雇だと西園寺(石井苗子)に抗議しに行って、その心もわかるんだけど。でも相手の西園寺って新理事長だしな。頼りない看護士のお前に勝てる訳がないっちゅーの!(笑)

うさこも、自分が解雇になるのかな~と心配で気がかりになるのは分かるけど、病院なんだし、勤務中はもっと仕事に専念しようよ。

でもうさこに診察を見逃された患者も本当はうさこ先生にやめて欲しくなかったんだよね。

査問委員会でうさこが途中で乱入し謝罪した後に、引き篭もりの院長・壇ノ浦が今回、現場復帰できたことでそれがうさこのブログのおかげだったみたいだし、うさこの解雇処分はナシってことに。

とにかくうさこ先生が解雇にならなくて良かった・・・^^ ブログは色んな人が違う感想を持つからね。西園寺や売店のオバチャン(研ナオコ)のように「これは酷い」という人もいれば壇ノ浦やタピオカ君のように勇気付けられる人もいる。人それぞれだからね。このおいらのブログも認める人・認めない人がいて当り前だし。だから、西園寺や研さんのようにうさこを敵視する人や、壇ノ浦やタピオカ君のようにうさこの味方する人、いろいろいて当り前ということは共感できます。
3/1(木) 「きらきら研修医」第8回

☆☆☆

今回から内科の研修がスタート。初回でバスの中で倒れた子供を診察したみかこが指導医。でもーーでもーー山崎ことカトマサの元妻だったとは思わなかったなーーー。

今回はタピオカ君は内科へ異動ではなかったのかな? でも内科のナースステーションって女性陣がいないじゃんと思ってたら、みかこは基本的に後輩ドクターも看護士も女性を雇わないらしく男性を主に雇うらしい、はー。それでぇー。

でもイケメンがおらんかった(爆)

内科の男性ナースをまるでマッサージなどさせて扱き使い女王のように振舞うみかこ。りょうって昨年の「サプリ」から少しずつ苦手になりかけてて今回でまた一つ苦手になりそうな。毎日毎日「ははぁーー」って頭下げるのも嫌だし(笑)

今回のメイン患者は「金八」で兼末健次郎の兄役だった須藤公一だった。なんか暴飲暴食するところは健次郎の兄と一緒だったけど、性格は違うね。今回は「はあ゛ーーー、はあ゛ーーー」って走りながら怪物になりきってたわけでもないし(笑)

あっ、この「金八」でコニタンは須藤くんの亡くなった妹(健次郎から見ると姉)やったっけ(回想で登場)。俺って、コニタンを知ったのがこの「金八」だったんだけど、須藤くんが引き篭もってもまだコニタンが生きてる設定やったら同じように止めてたんでしょう(笑)この時もコニタンって須藤くんの進路を心配してる役だったし、立場としてはなんか微妙に似てる感じも。ただコニタンの性格は違うけどね。「金八」のほうはおしとやかな女性って感じだったけど、こっちは熱血漢あふれるし。

でも病院では患者さんの身体を考えてそれで食事を作ってるわけで、あんな我儘みたいなのは許されないよね。我慢できなくなって大量のお菓子を研ナオコさんの売店かな?で購入したり、見舞いに持ってきてくれた団子とか食べたりしてあれはアカンでしょ、流石に。前回の皮膚科最終回の患者・女子高生バイオリニストもバナナを食べてたりして、この時も良くないって思ってたばかりだし。

でもうさこのおかげで少しは自分をコントロールできて良かった。

で、来週はうさこのブログが何やら問題となってうさこは解雇に。この手の病院モノって最終回で何かしら大きな問題が待ってるんだよなー。「ナースのお仕事」や「NS'あおい」もそうだったし。

おねがーい!うさこ先生を解雇にしないでーー。
2/22(木) 「きらきら研修医」第7回

☆☆☆

今週は今までと見るとちょっと退屈な感じもしたけど食いついたんで大丈夫。

あの病室で暴れまくるやりたい放題の女子高生バイオリニスト・カナ(桐谷美怜)に手術を受けないと言い出されたくらいで、演芸会でカナのバイオリンを弾くのに対して普通うさこもピアノを弾こうとするかなぁって感じ。第一、コレも医者の仕事じゃないし。いくら患者さんに「演芸会でうさこ先生がピアノを弾くなら自分もバイオリンを弾く」なんて言われたくらいでちょっとな。。。

それに皮膚科バージョンってあまり皮膚科らしくなかったような。今回なんて診察とかはあまり殆ど関係ないって感じだったし、先週のパパイヤ鈴木の娘が医者は大変な仕事だと知った時に事故で多くの患者が運ばれてきたけど、これって普通なら外科の仕事でしょ?外科のドクターやナースは何をしてるんだ?とも先週思わされたし。皮膚科は全体を通すとあまり皮膚科の特色がなかったような。

で、来週からは内科へ異動。やっぱり、タピオカくんも内科のナースステーションへ異動?(笑)でも内科は内科らしくその病棟になった特色をちゃんと描いてほしい。

最初の頃は良いかなって思ってきたけど、診察に関係のない話など詰め込みすぎててちょっと退屈になってきてる感じも。


カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]