忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9/13(木) 「地獄の沙汰もヨメ次第」最終回

☆☆

最初から最後までなぁんも印象に残らんドラマやった。。。(←だったら見るな!←ハイ、その通り(笑))

真琴が生んだ赤ちゃんは結月(ゆづき)と名づけられるが、真琴は結月をずっとベビーシッターに預けていたからか真琴に対してなつかない。。。
やっぱり、真琴は仕事を辞めるべきだったのよ。。。ベビーシッターに限らず保育所や託児所に預けても結果は同じだと思う。母親と赤ちゃんの距離も開いていくわけだし。距離を縮めるなら、やはり仕事をやめたほうがいい!と思っていたらそういうことになりました。。。(笑)

やっぱり、おもんなかったなぁ。
PR
9/6(木) 「地獄の沙汰もヨメ次第」第9回

☆☆

1週抜けて、2週間ぶりの今回・・・今までの中で一番、「ながら見」してしまった回でした。。。(反省)

ついに、真琴に妊娠の兆候が現れる。。。ベビーシッターに育児を任せてすぐに仕事に復帰したい真琴。

ここまで来ると千代子さんの真琴に対して「頭が上がらない」態度も飽きてくるのよね。ってもう来週しかないんだけどさぁ。これなら、さっさとリタイヤすればよかったかも。。。あー、後悔、後悔~。

でもこのドラマでもエレベーターが故障か?って思ってたら、マコトの陣痛のためにも、力ずくでエレベーターのシャッターを開けた千代子さん、すごいっというよりも本当は優しいんだなぁって思った。
8/23(木) 「地獄の沙汰もヨメ次第」第8回

☆☆

真琴の母・深雪の登場があまりにも少ないせいか、野際さんがあまり一人二役って感じではこれまでなかったんだけど、今回は深雪さんも大活躍でしたかねぇ。

正月を三四郎と真琴と深雪の3人がカリブで過ごすことも深雪が風邪を引いてしまったためにおじゃんに。でも、森福家で、やたらと千代子さんに真琴をびしびし扱いてもらうよう説得する深雪さん。

風邪引いてるくせに、なんか、ありがた迷惑に感じるんだけど。って全然ありがたくもないけど(爆)

深雪さんって実は、面白キャラって感じで、千代子さんとはずいぶんタイプが違うのかなぁって思ってたら、意外に同一人物が演じてるわけで似てるんだねぇ。。。
8/16(木) 「地獄の沙汰もヨメ次第」第7回

☆☆☆

そういや、葬式や法事がらみのトラブルって「エラいところに嫁いでしまった!」でもあったっけ?

「ぎっくり腰」はよくあるけど(コレ、個人的に死語だと思う)、「ぎっくり首」なんていうのもあるとは。。。千代子さんがその「ぎっくり首」を患って真琴が代理で三四郎の祖父の32回忌の準備をすることに。

32年前とか33年前なんてまだ生まれてない俺としては(もう、その歳も近づいてきたけど)、もうそんなにやってんのーーーーっって感じなんだけど。そりゃ、この三四郎の祖父が亡くなったときって、真琴もまだ小学校2年くらいでしょ? んな時に亡くなった当時の赤の他人を真琴が心をこめて供養するキモチに苦悩するのも分かるなぁ。

法事当日、おむすびカフェのNY支店の行方を左右するVIPが来日。でも社長として真琴は法事を抜け出したいんだよね。

でもこのVIPが法事を見学したいとやってくるとは。。。そっか、海外には「法事」の風習なんぞ普通ないもんね。
8/9(木) 「地獄の沙汰もヨメ次第」第6回

☆☆

結婚しても一人旅くらい出かける人っておるって!!!!!! 真琴にとっては定番の自分行事らしく、もうかなり前からやっていたとか。真琴はもう40だし、20代のころからやっていた・・・ということもありえそう。

今年は、真琴がこの旅行で留守中、三四郎と愛犬が倒れるだのして、真琴は台風で帰るに帰れないで、また困ったことに。

やっぱ、、、千代子さんが今回も何を言うか分かってました(笑)

あの吉田兄弟の三味線のイベントのチケットもすでに千代子はとってもらい結局は真琴を行く羽目にーーー。

言って置くけど、俺もあまり吉田兄弟って興味なし。やっぱ、あまり書くことが無いこのドラマも。


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]