忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9/11(火) 「牛に願いを」最終回

☆☆☆

高志の父親が突然、倒れてしまったのはビックリだった。

そんな中、克也から手紙が届く。。。なんで、「美帆子ちゃん 他皆々様」なんだよ!! 美帆子に気があったの?? 克也って。

グラスウインドの競馬の復帰レース。。。体調不良で競争を辞退で最終回で何かとトラブルが発生。。。

このテーマは「牛」がメインなのであまり「馬」のエピソードは必要なかったような気も。。。

急に競走に焦りだしたための病気なんだとか、、、へぇー、こういう病気もあるんだんねーーー。

ラストで、実習生が東京へ戻る中、高志は地元に残ると言い出してくれた。。。主要キャラの友情は永遠です。

ラストのシーンはグラスウインドのレースだったのかな。

このドラマもかなり遅れてごめんなさい。初回は即、視聴したのに。
PR
9/4(火) 「牛に願いを」第10回

☆☆☆

高志ってば、そりゃ、住民投票で「賛成」に投票してたらおしまいだよ。所詮、アンタは酪農の息子なんだし、ちょっとね~。

統平の父の同僚で農水省の官僚とともに新聞記者がやってくるわけだけど、、、弘志を「時代遅れの酪農家」と言われたことに腹を立て、殴りかかる・・・何と言っても高志らしいや~。

でも、、、今回で今まで実家をやたらと拒んでいた高志もようやく、「酪農が好き」だという証しが見えてきたって感じだったかな。

統平も言ってた様に高志はどれだけ人に反発しても立派な酪農家だよ。酪農の証だよなぁって思った。
8/28(火) 「牛に願いを」第9回

☆☆☆

もっと、軽いノリの青春群像劇だと思っていたけど、そんな感じでもなさそうだよね~!

町が吸収合併になろうとしているなど、色々問題が多いような~。そればかりか市長が酪農の廃止を目指しているというのにはビックリした! 吸収合併になるくらいで、酪農の廃止ってあまり必要ないし、関係もないような気もするけど~?

和美が統平に「好き」と告白してしまった。。。でも統平の気持ちが微妙でぎこちなかったけどさ。

合併に「賛成」か「反対」かがかかる住民投票が行われる。でも、、、高志があんな簡単に「賛成」する人だとは思ってなかった。。。すっかり、仲間とも打ち解けていたのに。でも、一番可哀想だったのが彩華でしょーーーー!!! だって、、、高志に自分の本当の思いを伝えようと思っていたんだから。だから、そんな安易に「賛成」する高志の顔を引っ叩いてしまった。他の仲間も高志からあれは離れていったーーーーという感じだったね。

やっぱ、高志はこの地元のことを嫌っているのかな。
8/21(火) 「牛に願いを」第8回

☆☆☆

富貴子さんが亡くなって、、、まだ別の問題が浮上!!!!

あしざきファームが人手も足りなく離農勧告を受ける寸前だとのこと。。。

でも最初の頃はあんなに実家を拒んでた高志もすごーーーく成長してくれて嬉しい♪ 今回にしても克也を心配して何とかしてあしざきファームを継続させたい一心で救おうと救う姿が一生懸命だった。。。

と思ったら、まだ町を半分捨てる覚悟でいたんだとか。。。あまり最近そういう状況は垣間見れることは少なくなったと思ってたんだけど!?

でも、高志はお金を借りられそうな制度を見つけてなかなか頑張ってたじゃん。

でも、結局牧場は売っちゃって酪農ヘルパーとして北海道へ!? もう克也は出てこないの??
8/14(火) 「牛に願いを」第7回

☆☆☆

今回は富貴子さんが、亡くなってしまう回だったね。今回含めて倒れたのは3度目?? でも、前から結構そんなに寿命も長くないんじゃ・・・!?って思っていたので、やはり力尽きて亡くなってしまったか。。。

息子の克也ばかりじゃなくて、この作品は出演者が多いから、悲しみにくれる人も多かったよね。

やはり、前半は何かと無気力だった美帆子が一番の富貴子との思い出は、やっぱり、富貴子にイベントで引っ叩かれたことなんだろうね。あのときは微妙に富貴子は美帆子の心の母って感じがしたもん。

何か皆の思いも虚しく、亡くなったって感じがするから、すごーーーく悲しかったな~。やはり、ドラマとはいえ、人の死には耐えられん!!!


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]