忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3/19(月) 「東京タワー」最終回

☆☆☆

そっか、オカンはやっぱり亡くなってしもうたか。もう殆どっていいほど余命もそれ程長くは無さそうって感じだったよね。自分が病院にいることも分からずじまいだったんだから、相当危ないって感じだったよね。

あのまーくんがオカンの手を握り締めたのが良かった。マザコンでなくても息子・娘に関係なく誰でもオカンの手を握り締めて当り前だし、ここはマザコンとかあまり関係ないと思ったのでそういう視点では見るってのがまずいなと思ったので「マザコン」ということを忘れながら見てた。

でも、やっぱり亡くなっちゃう結末。しかも晴れた青空の下だったね。青空だからこそ特別感動できたなーーーという感じだった。

火葬場のシーンでもなんか泣けそうになったな。

そして、オカンの遺影を持って東京タワーへと向かうまーくんの姿がイキイキしてた。遺影ながらもオカンと一緒に東京タワーを昇ったという感覚がして特に違和感は感じなかった。

全体的にそれ程嵌まったーーーというわけでもないけど流石に前作もコブクロ主題歌だったドラマ「レガッタ」は上回ったな。
PR
3/12(月) 「東京タワー」第10回

☆☆☆

マジヤバッ。自分の中で少しずつ涙しかけてきてるかもーーー。もう、オカンの病状が進行してきてるんだもん。やはり最後は死を選択せざるを得ないのかなーーー!? 医者だって手術ももう不可能だって言うし。

佳境に入っていくうちに本当に辛い展開になってきてます。「金八」の奥さんに続いて逝ってしまわん様に。

でも、まーくんだって、オカンのことが心配で仕事に集中できないのも分かるよなぁ。手術も不可能だって言うからもしやオカンももう最期を迎えるのかな~と不安な気持ちになるよね。仕事どころではなくなるよね。

月9ってあまり「死の選択」って合わないような気もするけど、やはり人が危篤状態と言うのは俺だって耐えられないよ。

うーーーん、最期はオカンは死ぬか死なないのかどっちなんだろ?やはりどんなクライマックスを迎えるのか気になるよな。

ところで、ドラマが終わらないうちに再放送ってどうよ?
3/5(月) 「東京タワー」第9回

☆☆☆

オカンの手術が無事終わって、また、普通の日常に戻ったって感じだよね。またあの面々もオカンの手料理を食べにまーくん宅を出入りしちゃって。。。

なんかこういう場面は擬似家族と言っても悪くはないんじゃ?こういうありふれた日常ってなんか和んで好きなんよね。

でもオカンがオトンから贈られた指輪をまなみちゃんに贈るのはもったいないなーーーって感じもするけど、天真爛漫なオカンの決断だし、仕方ないのかもなーー。

そっか、まなみのお母さんは経営危機に陥っている旅館を畳んでしまう決意なんだ。もうこれ以上はやりきれないっていう気持ちが強いんだろうね、おそらく。まなみ自身でもどうすることも出来ない困難な問題だしさーーー。それでまーくんとのデートもなかなか出来ない(楽しめない)ってのも可哀想。

最終回に向けてまだまだ問題は多そう。
2/26(月) 「東京タワー」第8回

☆☆☆

今回はオカンの手術を承諾するまでの過程を描いたものだった。でも声を失ってまで生きたくないという恐ろしさってのは共感できるよな。一度手術を経験しており、今回は声帯を除去する羽目になるのよ。

もう、オカンがまーくんの目の前で喉を抑え苦しみ出した時点でそう悲しく感じてきたもん。

やっぱ、人間誰しも声を失ってまで生きたくはないもんだよね。生活に不自由とか出てくると何も出来ないからな~。

そんな中、オトンが訪ねてくるとは。「何か食うものはねえか?
」とやりたい放題だなーとは思ったけど、でもそれなりにオカンのことが心配なのよね、オトンも。

でもオカンの手術が無事終わって少し安心したなーー。
2/19(月) 「東京タワー」第7回

☆☆☆

このドラマってどのくらいの年月を目途に描かれているのか・・・って感じなんだよね。今回でまーくんとオカンの東京での同居生活も一年が過ぎたって言うから、ちょっと気になってた。

一方でまなみちゃんとまなみちゃんの母親(朝加真由美)の関係が気になるところ。娘の今の現状にどーも満足してないって感じ。朝加さんって「アタックNo.1」「ダンドリ」など娘に部活を反対していたり、今回は部活を反対してる母親ではないけど、娘とあまりうまくいってないって感じの役が多いよなぁ。これが息子だとどんな風に変わるのか見てみたいところ。今回にしてもまなみが自分の写真が載った雑誌を実家に送るんだけど、実家である旅館の経営が苦しくなってるからなのかな?でそれどこどではないという印象だったし。

今回は徳本くんが中心って感じの回だったかね。鳴沢がまーくんの仕事の件でまーくんを訪ねるんだけど、そこにまーくんのオカンが作った料理に手をつけず、そこで徳本がキレてしまうのよ。でも、徳本って母に暴力を振るってそこで父親に家を追い出されたんだよね、その過去と現在とうまく繋げていたような。

でもまーくんのオカンに言われたこともあって10年ぶりに故郷へ戻ることを決意。でも何もかもまーくんのオカンのおかげだと思う。故郷のオカン(りりぃ)も後の手紙で何も悪く思ってなかったしいいお母さんじゃないの。感謝しないとアカンよ。


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]