忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/16(木)放送 「Dr.コトー診療所2006」第6回

ダメだよ!ダメ!中学生が煙草なんていけません! 良い中学生は真似しちゃダメだよーーーーっ!!

でもこの剛洋と比べられグレてしまう邦夫役の子なんだけど、あの顔じゃこういう役は似合ってないなぁ。。。でもいくら煙草を見つかったとはいえ剛洋のせいにしてたらアカンわ。

でもこの邦夫を叱ってる場合でもなかったね。その後腸閉塞で邦夫が倒れて、手術しても麻酔に急変して容体も急変しちゃって。。。

この子もそれなりに可哀想なんだなーーーっって思ったな。
PR
11/9(木)放送 「Dr.コトー診療所2006」第5回

剛洋くん(富岡涼)よ、せっかく東京の中学に進んで医者を目指そうと決めたのに、医者への道諦めるなんて勿体無いよ。そっか、里帰りって長期休暇の際にしか出来ないから、次冬休み戻ってこれるかも分からないし、次いつ戻ってこれるかも分からないから、この際に思い切り悩んで、決断するってのも必要よね。こういう問題は電話じゃなくって東京からだとお金もかかるし、こういうのは面と向かって島民と話し合ったほうがいいと思うな~。でないとこの里帰りした機会にしかチャンスがないから。だからこの際に思い切って「こっちに戻りたい」って剛洋も思い切って決断したんではないか?と思います。

勿体無い感じもするけれど、彼もそれなりに真剣に悩んでるんだし自分が決めることだからまず、流れとしては悪くはないのよ。それに剛洋の背中をポーーーンと後押ししたくもなるし。

彩佳は抗がん剤の効果が現れず、今シリーズのラストで死んじゃううのーーーーー!?


でも、今後は剛洋の問題がちょっと気になるよなぁ。どうか自分の進みたい道を諦めませんように!
11/2(木)放送 「Dr.コトー診療所2006」第4回

あ、イカン!予想通り徐々にやっぱりながら見になってきてる。どしても真剣に見れんなー、この作品。

あの正一さんの妻・昌代(朝加真由美)があんな不自由な喋り方になったのはいつから~????やったっけ???? 2年前というとちょうどSPの時から見てなかったし分からんな。。。(汗)

でも見通しを考えるにしてもありのままの状況を聞かされたのならそりゃ正一もショックやろうな。

うーーーどうにもこうにも嵌まれん!(爆)

10/26(木)放送 「Dr.コトー診療所2006」第3回

あのひな役の子って数年前の昼ドラでエノカナの少女時代やってた子やろ? ちょくちょく見てたんでよく覚えてるのよ。

人形顔ではあるけどでも当時に比べると顔つきがやや大人になった感じも。

で、このひなって女の子は両親の結婚記念日のために貝で作ったブレスレットを作ろうとしてたんだけどこれもありきたりな話でそれほども「ふーん」って感じで見ててあまり感動せんかったな。

で、この母親も最初はミナのことを拒んでいたくせに徐々に理解が出てきたのも唐突すぎたし強引すぎたような。

だから今作もそれほども嵌まってないかも。書くこともあまり無いし。
10/19(木)放送 「Dr.コトー診療所2006」

彩佳って、乳癌かなんかなんでしょ? だとしたら死にたいと思った左千夫おじさんに関していくら命の大切さを伝えたくてもあんな大声出して切れてはイケマセン。

そう、この左千夫は偏屈な性格でミナが持ってきた薬を投げつけそれが火の点いた蝋燭に当たってしまって蝋燭が倒れてしまって出火して火傷で病院に運ばれてきた。

この左千夫おじさんも運ばれたきた後も看護を拒んでるようだけどもっと素直になろうよ。

このドラマ、今まで嵌まれなかったのは(今もそうかも知れんけど)共感できるキャラクターが少ないせいかな~。もっとそれぞれ共感できるキャラクターを作ったり、共感できるキャラを増やせばこのドラマの個人的評価も上がるかも。

なので、少しレビューは手短に・・・(笑)


カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]