忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5/21(日)放送 「おいしいプロポーズ」第5回

ほよ?春樹(小出恵介)は亡兄のフィアンセだった沙織(小林麻央)をただ大切に思ってただけだったの?

ということは特に恋愛感情とかもなかったってこと?

なーーーんて思わせぶりな展開なんやろ? こういうベタな展開がこのドラマのデメリットなんだよね、正直。

相変わらず、春樹は鈴子(長谷川京子)との喧嘩が絶えないし、それに鈴子の店を潰すといきなりせがんで来るし・・・なかなか春樹の基本的なキャラがなかなか良くならず本当に鼻につくよね。

あのバスケのシーンくらいしか見所がなかったような。
PR
5/14(日)放送 「おいしいプロポーズ」第4回

よくもまぁ・・・次から次へと鈴子(長谷川京子)をよく騙すことが出来る葛城親子(小出恵介・橋爪功)ですなぁ。

春樹の父こと橋爪さんがあんなに安易に鈴子を気に入ってしまって別荘に呼ぶのってなんかおかしいと思ったよ。逆に裏がありそうな気もしたし(笑)

だって、橋爪さんって鈴子の愛人になろうと迫ってたわけやし、それまでも愛人が結構おったみたいやし。

鈴子もこんなバカ親子に振り回されたらアカンで。

春樹は沙織(小林麻央)にプロポーズしちゃったようですが、日野原(平岳大)とアメリカへ旅立つことになった沙織らしくって、春樹は失恋。やたらと威張ってたせいかちょっと清々するような感じもあったな~。

そして、その時に涙ぐみながら飲んでたスープが要するに「片想いのスープ」なわけか。
5/7(日)放送 「おいしいプロポーズ」第3回

相変わらず、春樹(小出恵介)のキャラがどしても不覚にも理解できん! 顔は取り得あっても、外見よりも肝心の中身がなってないとちょっときついよな。

ミチル(サエコ)から朝帰りしたことを問い詰められ、鈴子(長谷川京子)と朝まで一緒だったと嘘をつく春樹。

そんな嘘を本気で信じて鈴子の店までやってきて皆の前で二人の関係を暴露するミチルの行動も声もウザイ。(←声は余計)

よう確かめもせんと、そんなん春樹の言うこと信じてまで抜け抜けとミチルも従業員の目の前で暴露できるもんやなぁ。このボケっ!

やっぱり理解できるのが鈴子やろな~。やっぱり、誤解を解くよう春樹の元にやってくるのも理解できる。何せ春樹の行動って御曹司と言えどもちょっと度が過ぎてるからな~。毎度「大声出すな」と言ってるけどお前の声もでけぇんだよぉ!

交換条件に沙織(小林麻央)や沙織が連れてきたもう一人の男と食事をすることになるんだけど、その後鈴子と春樹は居酒屋で二人きりになってしまって、春樹が酔っ払って、ミチルとか見てると更に事が大きくなってとんでもないことになるんだろうと思っていたら翌日、春樹は鈴子の店に誤解と言いに来た。

小出くんはちょっと前々からいい俳優さんになるとは思ってたんだけどこんな役を貰うとはな・・・。もうちょっとこのキャラはどうにかならんのかな?だとすると見易くなるかも知れんけど。

それにタイトルと内容もまるっきり合ってないし。何が「プロポーズ」じゃ。
4/30(日)放送 「おいしいプロポーズ」第2回

うわ~これかなりヤバくねぇ?(笑)春樹(小出恵介)の賭けに鈴子(長谷川京子)が勝ったのに春樹は店の売上を倍にしないと全員クビだ!と言い渡して負けたくせにどこまで根性が捻じ曲がってるんや!?

鈴子も嫌味な男と巡りあったね~。ま、こういう男どこにもいそうやけどね~(笑)

大河内(西村雅彦)から店を続けられるよう依頼して来いと頼まれ同行する鈴子。しかも春樹は何もかも勝手し放題やし。無理矢理、鈴子を着飾ってパーティーに連れて行かすわけよ。

なんか思いっきり店の従業員を利用してる感じだよな~。御曹司なら偉人とか金持ちとかいうイメージからこういうキャラクター、一見どこにも居そうやけどね。

サエコって初回出てたっけ? これも相変わらず嫌味でウザイ女やなぁ。サエコといえば声も相変わらずウザイけど(笑)

この展開はどうなんやろ? 思いっきりリタイヤ寸前だね、このドラマ。

しかも「大河内」が「おおこうち」に「おおかわち」二つの名前がこのドラマの役名が出てくるのはどうなんっすかね。ややこしくて頭の中が混乱してくるぅ。
4/23(日)放送「おいしいプロポーズ」

やっぱ、ちょいーーと微妙かも~。借金を繰り返す兄(天野ひろゆき)の娘(黒田凛)を世話を押し付けられた鈴子(長谷川京子)はともかく、小出くん扮する御曹司の春樹がなんだかな~。

鈴子の店が大手企業に吸収合併することになってそこへ新オーナー(でええの?)の春樹が現れるんだけど、最初から従業員にクビを言い渡してちょいとこのペースについていけん。

ハセキョーも「僕マド」とかとは違ってこういう気の強さだったら共感できるかも。「私の店の料理を食べたことないくせにクビにする資格はない」とか「おいしい料理ではお金は作れません」とかいうのに共感できる。そうっもっと言ってやれーーーー。

これぞ本当にサイアクの出会いやな~。ちなみに、二人はこの前に車のトラブルで実際にはここでサイアクの出会いをしてたりするのよね(笑)

春樹の亡兄のフィアンセのコバマオにも見入ってないし。ちょっと様子見かなぁ、これは。


カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]