忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

☆☆

このドラマ、当初は「ダイエットを扱ったコメディではない」ってのを至る所で目にしたけども、こっちから言わせてもらえば、「コメディにしか見えなかった!!!」。

信子がせっかく、ダイエットに成功したのに太一のケーキを食べまくって、食べまくってリバウンドしちゃって、リバウンドした姿を隠してまで変装して会社に行って「今日、花粉が飛んでますね~」だとか、本当にコメディにしか見えなかったもん。

そう、信子が就職したファッション雑誌の会社は太った社員は即解雇ってのが森中さんのモットーなのよ。

ただ、俺の予想はことごとく外れてた。信子がダイエットに成功したとはいえ、リバウンドするのはドラマの終盤だと思ってた。でも、初回で太一のケーキを食べまくって食べまくって結局は初回でリバウンドしちゃうんだもんな~。

そう、この太一のケーキ屋は小さい頃、信子が訪れたケーキ屋。でも、信子の実家って岐阜じゃなかったっけ?? このケーキ屋は東京のはず。一体、あんな幼い年齢の子がどうやって、一人でこのケーキ屋まで足を運んだのさ?? で、このケーキ屋で超運命的なショートケーキと出会って、以後食べることを生きがいとしてきたわけね。

で、22歳で体重が80キロ近くあって、研作に振られたことをきっかけにして、ダイエットを決意して、成功したわけね。。。

森中さん、さすがに鬼編集長!!!(爆)、「ブスは即解雇」をモットーにしておきながら、信子にこのケーキ屋に取材に行かせるんだもん。しかも絶対命令だし。。。信子って主治医の神谷からはケーキ依存症って診断されてるんだよね、これはキツイでしょうよ。

そこで、太一に恋をしてしまって、太一のためにケーキを食べた信子。だが、太一のケーキを食べても幸せの鐘が鳴らない。幼い頃に訪れた時は、太一の父親が出てきてその時は幸せの鐘が鳴ったらしい。

どうやら太一の父親のショートケーキじゃないと幸せの鐘が鳴らないらしい(笑)で、このショートケーキは両親がいないと、作れないらしい。

ちなみに、この太一の父親ってもう亡くなってるんだね。母親も亡くなってるとか言ってなかった??

また、太一が鐘を鳴らせるまで信子にケーキを食べさせるってのも、さすが「俺様キャラ」。

信子の体は日に日にリバウンドしていくし、ある日、ファッションショーが行われるが鏡のようなもの(?)が有希に向かって倒れ出して、信子がその鏡のようなものを持ちあげて助けるものの、信子が窮屈そうに着ていた洋服のボタンが外れて、リバウンドしてしまったことがばれてしまった。ここで、森中に解雇の要求をされてしまった。

一方でケーキ屋が貸店舗に。信子の「太一にしか作れないショートケーキを作ればいい」と。でも、それじゃ、まるっきり違うケーキになると思うし、それでは幸せの鐘を鳴らせないと思うんだけど。

実家に帰った信子の元にルームメイトである瞳が現れ、太一の作ったケーキを持ってきていた。

そんな中、信子に「店を売るのをやめる」と太一から電話。このショートケーキは「俺と信子で作ったケーキ」という太一。これで、信子も東京に戻ることを決意したみたいね・・・って以外にあっさりしてるし~。

こんなに長く書いてるけど、やはり「コメディにしか見えない」ってことで、評価は二つ星です。。。(爆)
PR


カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]