忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

評価:7

井原家ではかねてから近隣に告知していた葬儀の相談会を行う日がやってきたようで。だが、その日はライバル社の「セレモニーホール太陽」主催の相談会とも重なり井原屋の相談会には数人しか出席できない。よほど、ライバル社の方に人が人気なんだな~って思った。あ、人気とかそういうことではない?(汗)数少ない来客者の中にはどうやら、晴香の小学生の頃の校長先生もいたようで。

真人も隼人も桃子も晴香がネットでツイッターをやってることを知りましたね。でもさ、勝手にメールを読んだりするのはプライバシーの問題になるんじゃない? それはさすがに駄目でしょ。

晴香は3話でツイ友に逢いに行った時のことを話しだしましたね。もう少しで逢う直前に「走ってこい」というメールをツイ友から送られてきたということを話し出します。そう、晴香にとっては、この人なら大丈夫と思った、でも、走ってこいなんて言われたらどんな顔をして逢えば良いのか分からなかったようで。この時にも書いたけど、さすがに、足を引き摺りながらツイ友の所に向かうってのは可哀想だな~って思うよ。せっかく、走ってくるのを楽しみに相手が待ってるんだから、足の不自由な姿見せられない!って思うもんな~。

一方で、晴香の小学校の時の校長が強盗殺人に巻き込まれ、御臨終。。。この校長って、生前、「セレモニーホール太陽」への葬儀の申込書を書き残していたために一之瀬らは、葬儀を任されたのだが、校長が単身生活だったということもあって、葬儀を引き受けても儲けがないと嘆いていたんだよね。。。

でも、一之瀬のビジネス重視のやり方に怒りをあらわにした晴香の「葬儀を自分たちにやらせてほしい」という気持ち分かる。。。ましてや、恩師だし、それに、運動会の時に校長からもらったクローバーと言う想いでだってあるんだしさ~。晴香の気持ち、分かるよ。。。ツイ友の件といい、この晴香の気持ちに共感できるな、何か。
PR


カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]