忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2/11(日) 「華麗なる一族」第5回

☆☆☆

このドラマのヒロインって最初は誰なんやろうと思っていたら鈴木京香なんだよね。鉄平と関係を持つ芙佐子役の稲森いずみとも言いがたいけど、でもこのドラマって鈴木京香がヒロインなのか、鈴木京香がヒロインなのかちょいと微妙だよな、そのあたりもうちょっと明確にしてほしいところ。そのあたりがアヤフヤでちと盛り上がりに欠けたりもするのよね。

大川がスキャンダルで失脚して危篤に陥って、とうとう大川が息を引き取る展開になってしまったけど。

このスキャンダル騒動って実は阪神銀行のリークにあったっんだよね。大川が息を引き取る中、スキャンダル騒動も明るみに出てきたって感じでもするけど、こういう濃いドラマは最後までこの濃さを大事にして欲しいところ。

今回は鉄平が撃った弾が大介に当たってしまうというショッキングな展開もありましたなー。今回のラストで少し盛り上がったかなという印象が強いです。
PR
2/4(日) 「華麗なる一族」第4回

☆☆☆

鉄平がアメリカにも販路を拡大して、大きな動きに出ております。山本くんと山田優の結婚式も行われ、あんなに結婚を考えておらんかった山本くんなのに、結局は結婚してしまうのね。

大介も大介でどえりゃー!なことを仕出かしておりますがな(意味不明)。三栄銀行の情報を入手し、その情報使用で大川を見事に失脚させてしまうんだもんな。

大川は今回は大活躍?だったよねぇ。不正献金とも上手く絡めていてしさぁ。

鉄平と大川の関係も描かれ、大介と鉄平も関係が悪化していくし、いろんな点に注目が集まるのだけど、レビューがちと書きにくい。。。

1/28(日)放送 「華麗なる一族」第3回

☆☆☆

毎度毎度思うことだけど、いかにもドラマ色が濃いよね。今回も大介に資金調達のノルマを課されながらもそのノルマを見事達成した住田が狭心症の疑いで病死しちゃうし、キムタク繋がりで「空から降る一億の星」のようにサスペンス色はないものの(って、あれもサスペンスとは思いたくないし)、既に3話で人が死んでるでしょ? でもこの住田はすごく強いな~根性あるな~って思った。だからそれで死に繋がってしまうってのは痛いよなぁ。

この作品って大介が元々は主人公らしく野心を固めるってのが北大路さんの魅力をうまく引き出せていて良い感じだよね。元々は大介が主人公っていうのも何となくだけど分かるよな~。二人の息子(キムタク・山本)に対する思いも半端には描かれておらず見ててすごくリアルだしね。

今回は山本くんと山田優ちゃんの見合い話も描かれていたり・・・でも山本くんの相手に山田優ちゃんって地味だな。山田優ちゃんも今回ばかりはだめんずに惹かれなさそうよね。



1/21(日) 「華麗なる一族」第2回

☆☆☆

このドラマのヒロインって正式にいうと誰に当たるんだろう? もしや相子さんこと京香さん? この相子さんを万俵家から追い出そうと魂胆の鉄平さん。でも相子さんも鉄平に自分を追い出す権利はないと思ってるらしく、これが強気なのよ。

そもそもこの相子って家庭教師をするうちにいつの間にか万俵家を仕切っていた人間なんでしょ? 相子の愛人で鉄平のお父さん・大介にどっちが愛されているか闘わない?と申し出てきた相子さん。

でも、そこに大介がひょっこりいて、大介も相子はこの万俵家に必要だと言って、鉄平の負けですね(笑)でも大介&鉄平親子の言い争いはいろんなことが加味されていて見ごたえあるよね。

ほほう、寧子の出身が旧華族ね~。ちょっと予想もつかない展開だったかな。でも流石にキャストもセットもお金をかけていて、特に京香さんの相子役は嵌まりっぱなし!彼女にピッタリの役です!
1/14(日)放送 「華麗なる一族」第1回

☆☆☆

今回はキムタク、当たるかもなぁ・・・って初回はこんな感じだった。原作が「白い巨塔」と同じ方が書いてるし、出演者もセットもごっつぅすごいお金をかけてるでしょ? こういう安易なやり方がたまに失敗へ繋がったりもするんだけど、今回のキムタクドラマは久々にヒットを見せるだろうなと思いました。

ただ、役名のつけ方が安直よね、ちょっと。オイルショック頃の時期だから、そういうネーミングが普通のかも知れないけど、でも役名くらいもうちょっと現代っぽいほうがもうちょっと見やすかったかも。

北大路欣也の愛人で鈴木京香が色っぽかった。これぞ、鈴木京香に打てつけの役でございます!(笑)何せこの鈴木京香っていつの間にか万俵家を仕切るようになってたんでしょ、これぞお色気タップリの証拠だよ(意味不明)

でもベビーフェイスが健在の次男・山本耕史が今回ワルということでどんな風に転ぶか・・・楽しみだな。間もなく関西で再放送される「ひと屋根」の車椅子の末っ子ちゃんな感じはいずこへ?(汗)

お金をかけたつくりでもあるけれどフッキーとか相武紗季ちゃんとか、脇で演じて魅力あるフレッシュ像も登場。途中、ちょっと退屈になってあまり真剣に見てなかったところもあるけど、何とかついていけましたとさ。

今度こそ、キムタクドラマよ、コケずにガーーーンバッ!!



カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]