忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8/15(火)放送 「ダンドリ。」第6回

なかなか気持ちや心を一つに表すって困難なことだよね~。ケダマもケダマで模試の自己結果が悪かったからか母親(朝加真由美)の手前、塾に行かなければならんし、ハマキョーも部活を掛持ちしてるからか空手部のほうも行かんとアカンし。空手部のメイトもハマキョーが練習になかなか出てこないとよくつっかかってるでしょ?(笑)

そういう面じゃ、皆が色々とあるわけだし心が一つになれるってことが難しいと思う。あのプロの伊藤裕子が三日間限定でやってきた時も、それほど空気がよくなかったもんなぁ。この時の評価もめっちゃ厳しい評価が与えられて思うように物事も進まんわけでしょ~??

でも双葉の片想いの幼馴染ってケダマやハマキョーの私用みたいな感じとは違って、新鮮の無さに欠けるなぁ。そりゃ、その幼馴染に彼女が発覚して思い切れない気持ちになるってのは分かるけど。ちょっとチアダンス部のことからはケダマやハマキョーとは違って一歩引いたような。

でも、要もまだ全員が心を一つにしてへんのに、自分勝手に計画立てるのも良くないよ。

でも皆はギリギリまで頑張ることを決意した。思うように練習できなかったとはいえ、諦めたり投げ出すのって良くないからね。でも、伊藤裕子ももう一度戻ってきたのも良かった。きっと、チアダンス部を心配して気になってもう一度やってきたって感じ。そもそもチアダンス部5人にかなり厳しい評価を出したのはこの伊藤裕子だし~(笑)

ここでこの伊藤裕子も本当は5人のことをよーーーーく見ていたんだな~ってそんな感じにさせられた!

双葉は失恋したって感じでもなかったな~。あの幼馴染も双葉のこと応援するみたいだし、良かったじゃないのう。この幼馴染も双葉のこと心配してるんだろうな、きっと。
PR


カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]