忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/20(火) 「暴れん坊ママ」第6回

☆☆☆

今回は最初、やたらと、佑樹の退園と転校(って言うのかな?)について、VSママ軍団(特にともさか、片瀬)があゆに迫っていた・・・。これまで、早くどこか言って欲しいというのは思っていてはいただろうけど、あまり描かれていなかったしね。そもそも前回で、あゆが佑樹の退園と転校の宣言をしていたのが良くなかったんだよ。「やっぱりこの幼稚園に通わせ続けることにした」なんて言っても、相手が余計に根に持ってくるもんだと思うし、、、だから今回はああして、佑樹の退園についてしつこく迫られたんじゃないかなって思ってもみたり。

今回は御遊戯会の会だったが・・・(行事の多い幼稚園だな。。。)、向井くんが「白雪姫」の王子役の配役を佑樹に指名したとはいえ、最終的に岡江久美子さん扮する園長が決めるわけだし、、、こういうのって、園長に「この配役でどうですか?」と聞いてから初めて決まるもんだから、あゆも安易に佑樹が王子様役やることを平然と報告するのもどうかな。園長の判断では、ともさかりえと東ミッキーの息子・蓮くんに王子役が決まっちゃったし、配役発表のときに佑樹を傷つけてしまったし。ま、所詮、向井くんが最初は佑樹に決めたわけだから嘘とまでは言えないけど。

佑樹は最終的には王子様の白馬役に決まるんだけど、、、練習等もする気無くなるよね。「ヒヒーン」という台詞もなかなか言わないし。自宅のトイレまで閉じこもったというのはビックリだ・・・^^;

とうとう、佑樹は本番でも「ヒヒーン」と言わなければならない場面で台詞を言わず、次の台詞は王子役の蓮くんで、翠子から佑樹が「ヒヒーン」と言わなかったら次の台詞を言いなさいと言われていたからか、その通りに。でも、、、その後、佑樹は何が変わったかのように「ヒヒーン」を連発。台本通りには行かなかったけど、あゆや哲にとっては「ヒヒーン」をちゃんと言って欲しいと思っていただろうなので結果的には良かったと思うし、成功だったんじゃないかな。

で、この物語も終盤戦へ。いよいよ、来週はお受験モードに突入です。佑樹は最初は受ける予定はなかったらしいけど、あの面接等、結局は受けることになるのかな。でも、何でもやって見ないと分からないよね。
PR


カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]