忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/29(土) 「うそうそ」12.5%

☆☆

「スクティー」がお休みだたっため、こっちを見た。そう、「しゃばけ」シリーズの第2弾。

前作は見てないというよりかは、高木くんが出てるので録画してそのままの状態になっているんじゃないかと思います。

「スクティー」がお休みだったのは同じ平成ジャンプのメンバーのドラマがぶつかるからなんだろうね。

でも、あまり嵌れてなかったな。。。こういう、タイプの時代劇、自分むきじゃないかも。

でも一応、録画してあるので、もう一度、いつか見てみるとしますかなぁ。

テゴちゃんの棒読みがちょっと気になったなぁ(笑)
PR
10/12(日) 「花ざかりの君たちへSP」18.8%

☆☆☆

このドラマの復活は嬉しかったなーーー♪ また瑞稀(ホマキ)・佐野(オグリン)・中津(斗真)に会えるかと思うと楽しみだった。

ずいぶんと、「放送日未定」ってなってたから、結構首を長くして待っていたかも(笑)

でも、連ドラの続編というよりかは連ドラの途中を描くんだよね。ま、この出来事を瑞稀が去ってから、中津が思い出すわけだから、半分は続編というところもあったけど。

というのも、中津はいつから佐野が瑞稀のことを気になっていたのか仕方なかったのだよ。

で、夏休みが怪しいと思うわけよね。

夏休みもハチャメチャな出来事がたくさんあったみたいねっ♪

ジュリア(美波)と名乗る謎の女が現れるし、中津の母(万田久子)がやってきたりするし。

ジュリアにいたってはほんまに瑞稀の親友?って疑うくらい、服装とかも派手やし、全然イメージちゃうやん。

でも、水泳大会にもちろん、瑞稀が出られるわけないやん。まだ、皆に女とばれる前のことやし、ここで一気にばれてしまうやないか。

で、仮病を使って休むわけか。こんな場でカミングアウトしてしまうと、連ドラの後の話がまったく繋がらなくなるし。

でも、後片付け・掃除の際に仮病だってことがばれてしまい、プールに突き落とされた瑞稀。それを救ったのが佐野。

この辺りとかがにおってるのだろうか、中津は。

中津の母は中津を引き戻しにきたとは。。。後継者になりたくないらしい、中津は。でも中津の母は息子がプロサッカー選手を目指すことに猛反対。

認めてやれよーーーって感じです。

瑞稀もサッカー部とは。サッカーの経験は?

そのうち、この中津母もサッカーを認めるようになったとは。「プロになるまで帰ってきたらアカン」と。中津もそれが一番うれしかったんだと思うよ。

そして、連ドラの後の展開は・・・なんと、瑞稀が戻ってきました。もちろん、あの制服を着て。

これは非常にうれしい展開だった。
10/04(土) 「ガリレオSP」20.8%

☆☆☆

まさか、映画版公開の日にスペシャル版をやるとは思ってなかった(笑)

でも湯川(福山雅治)の原点を描いたものだから、要は「白い影」や「女王の教室」のスペシャルと方式は一緒だよね。

それで3作ともそれぞれ、連ドラ版の福山・中居・天海がいるってわけじゃん。

でも、「ガリレオ」ってそれほども連ドラには溶け込んでなかったもので、今回もうーーんって感じでしたねぇ。

個人的に湯川の学生時代役の三浦春馬が来週から始まる初主演ドラマ「ブラマン」の前触れ(他局やのに)とも言えるいい演技をしていたなーーー。

北村一輝の学生時代役の佐野和真くんも良かった。佐野くんもかなりのイケメンだから、もっとドラマに出てきてほしい。

結局あの不良息子を殺害した犯人は車椅子の父親・友永だったんだよね。なんかあやしいと思ったさ。

香里奈と長澤マチャミも頑張ってたなーーー。
10/04(土) 「ROOKIESスペシャル」10.0%

☆☆☆

な、何これーーーー!? 総集編ばっかじゃーーーん。せっかく楽しみにしてたのに期待を裏切られたって感じ。

映画化も決定してるのなら今回の総集編ってあまり意味がなかったような。

総集編って簡単にいえば連ドラのダイジェストと同じ意味やし、わざわざレビューを書いても仕方ないしね。。。(汗)

ま、気長に映画(こちらはテレビで映画の放送かも?)を待つしかないね。。。
8/30(土) 「みゅうの足(あんよ)パパにあげる」25.6%

☆☆☆☆

24時間テレビの特別ドラマ。。。おぉーーー視聴率がすごいことになってます。キムタク並みの視聴率じゃないですかーーー!!

ここまですごいとは思わなかった。

松潤の妻役に香里奈を起用したのは正解だったなぁって思う。この二人って同局「バンビーノ」コンビではあるけれど、やり取りが全然違ったし、手足が麻痺する障害に陥った松潤を支える姿が何よりも良かった。それに、香里奈はここ最近障害ものの作品で頑張ってるしね。そこがおそらくポイントが高かったんやろうし、視聴率も「ごくせん」、キムタクドラマ並みの結果になったんでしょう。

手足がまひするだけでなく食事や呼吸困難にもなる不治の病ってのが言葉を失ってしまった。

なぜに、このドラマに石原良純?とも思ってしまったけど、彼も病気と闘っていた。松潤と親しくしていたしね。彼がいたからこそ、松潤も自暴自棄になりかけたこともあったが、乗り越えられたし。

薬の投与で顔が膨れたのにはちょっと吹きそうになったけどさ。

やはり、家族や病院で出会った人の力があるからこそ、乗り越えられるってのを改めて学んだよ。

みゅうちゃんも可愛かったしね。みゅうちゃんも松潤の支えに十分なっていたと思います。


カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]