忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/29(木) 「3年B組金八先生(8)」第8回

☆☆☆☆

英語のスピーチコンテストが迫り、3Bからは全員一致と矢沢先生の推薦もあり、帰国子女の亮子に決定する。

そんな中、英語の授業で、英語の苦手な紋土が小さい頃に母親から子守唄として聞かされた「I have a dream」を唱えるが、これが父が大事にしていた言葉でもあったのよ。紋土は会ったこともない軍人の父親の手紙には戸惑っているんだよね。で、、、英語が堪能な亮子に翻訳してもらおうと思ったんだけど、それをクラスからはラブレターだと誤解されてしまい、亮子からもきついことを言われてしまう。

紋土が街中で喧嘩をしてしまうのも辛かった。紋土は人種差別を受けた過去を持ってるのよね。それがトラウマとなって出てきたのもかわいそうだった。

今回のテーマは「人種差別」ってことで今シリーズの中では今まで一番「金八」らしいテーマだったかも。かつての雪乃の「15歳の母」、優の「腐ったミカンの方程式」、健次郎の「ガラスの少年」や政則の「報道とマスコミ問題、直の「性同一性障害」、しゅうの「ドラッグ」と言ったテーマに今シリーズの今までの中では一番近かった。

こういうテーマを上記のテーマのようにじっくり描いて欲しかったんだけど1話完結とは残念です。でも紋土の問題は解決はまだしたとは言えないので尾を引くだろうけど。

金八の授業では幸作の教育実習を引き継ぎ、「差別とは何か、愛とは何かキング牧師から学べ」と言ったのが良かった。それで、金八が例の手紙がラブレターじゃないとクラスに打ち明け、亮子はそれを皆の前で泣きながら謝罪し、翻訳する姿良かった。。。

で、亮子はスピーチコンテストで紋土にやってもらいたい・・・「人種差別」のことをこの機会に訴えて欲しいと提案。クラスが全員一致だが、矢沢先生だけは気に食わない様子。

俺も、あれだけ昔からかわれた過去があったり、今回も不良に絡まれたりしたのなら亮子の提案に賛成でした。亮子自身も同じような過去があったらしいし。

でも、スピーチ泣けたよね。。。最終的にも矢沢先生も認めたって感じだったし。

次回は今シリーズでは結構気に入ってる千尋ちゃんの出番ですね。これまであまり目立なかったので楽しみ・・・でも、次回、テレ東の裏ドラマに3B卒業生が3人も出るなんてどうなんだろ。「6」のハセケン・美保はともかく、「5」の中心人物・健次郎も出るとは・・・でもうちの地域は別の日に放送ってことになりそう。
PR


カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]