忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

評価 第5話:6
第6話:7
第7話:6
第8話:6
第9話:6
第10話:7
最終話:6

うーーん、もっと嵌るかと思ったけどそんなにも嵌らなかったな。。。ごめんね~八乙女くん。

まず、斎藤くん演じる新見がどうにもこうにも駄目。。。めちゃめちゃ性格悪いし! 斎藤くん、けっこう好みの顔やったんやけどな。。。このドラマで苦手になりそうやわ! 自分がこの病院に入院してたら新見先生だけには世話になりたくないね!!! 新見みたいな人が自分の担当やったら、ストレス溜まってますます具合が悪くなりそう。。。

あの直美の生き別れになった娘ネタはいらんかったな。。。直美がらみはあまり必要ないと思うんだけど。。。(汗)直美の娘ネタに関しては何を言いたいのかまったくわからなかった。

谷口の書店での倒れた男性を助けず逃げ出そうとしたのはあれは、まずいでしょ? 同僚といい、自分の病院に通院する患者といい、誰が見てるか分からんよ。。。ま、頼りなさそうな谷口も成長してくれましたけどね。。。

すずは、祐太と瑞希が帰宅しようとするところを目撃しちゃうし。。。ま、自宅が近いからしゃーないっちゃしゃーないけど。正直、すずの前に現れた阿部力の登場は必要あったのかな。。。あんまり意味がなかったような。過去に祐太のせいで自殺未遂をした男性の話もあっさり片付けられたし、盛り上がりに欠けてるような気がする。

終盤は下田が担当していた伊達さん問題? ま、ここは意外とじっくり描いてましたけどね。でも、今までが盛り上がりに欠けてたからそれほど惹かれるエピではなかったんだよね。。。ごめんね。八乙女くん(しつこい?) でも、最後まで新見先生はむかつきました。伊達さんの件でも下田が喰ってかかるのも分かる。注意深く伊達さんのことを見ていなかったみたいだし。下田って一時は辞めることを決意するし、何がなんだかもうバラバラ。。。(汗)ま、伊達さんの件は裁判ではなく示談で・・・ってことになったみたいですが。でも、最終話に出てきたあの佐伯から伊達さんへ送った手紙が良かったよね。返された時、佐伯がこの手紙を破いたときはどうなるかとは思ったけど。

終盤はすずが倒れたり、佐伯が倒れたり、この辺も何がなんだかな。。。っていう感じで、全体的に嵌ったって言うドラマではありませんでした。でも八乙女くんは素敵でした! 入院したらぜひ、下田先生を担当にしてほしい!(笑) お疲れ様~!!!



PR
評価:6

あの女優の羽山(江波杏子)、何か、ちょっと自分勝手放題でしたよね。。。あんな患者がいたら、さぞかし医者も看護師も大変なんだろうけど^^; でも、自分からサインを強要するのはどうなのかね。。。しかも、祐太に頼むってのも・・・そりゃないでしょ~!!!! 隠れて煙草はやろうとするしさ。。。いけませんわ。。。アレ。

一方で下田先生が担当していた女子大生の女の子は可哀想だったね。。。就職の内定を取り消され、恋人にも振られ、、、そりゃ、ショックやわ。。。で、トイレで自殺未遂おかしちゃうし。。。

でも、この女の子は下田への意思確認を拒否したために瑞希が意思確認をすることになりましたね。でも、治療拒否の同意書なんてあるのがビックリですよ。あんなの、普通にあっていいのか?って思ったよ。今までの医療ドラマでも多分、見たことないかも。

ま、結果的にもこの女の子も、羽山も大丈夫だったけど。なんか消化不良だな。。。(汗)
評価:7

瑞希って、やはり、何かあるな~。部屋にしまってあった母親の写真を気にしていたり、軽々しく「治る」発言をする祐太に対して批判してたり、まさか、母親を亡くしてるとか? それ以外に理由が思い浮かばんでしょ~。と思ったらやはりその通りだったみたいですね。。。彼女の母は医者の「治る」という言葉を信じたせいで、それで、癌の発見が遅れて亡くなったらしい。。。それじゃ、瑞希も怒るのも無理ないわな。。。

今回、祐太が担当した木島さんっていう患者。手術が成功したと思ったら、突然の肺出血が影響して呆気なく死んでしまったね。あまりにも、唐突でビックリ。。。患者ってこういうこともあるんだ~って思いました。

それはそうと、八乙女くんこと健太郎のエピソードがもっと欲しいんですが。。。(笑)
評価:7

そりゃ、いくらなんでも自分の担当患者ではない病室に挨拶に行ったり、その患者の病気のことを調べたりするのはまずいよな。。。しかも、その担当が瑞希だし、余計に気まずくなると思うよ。。。

このほかにも祐太が「何でも相談に乗ります」と言ったせいで、健太郎が使い走りをさせられるわ・・・などの結果になるわけで、クレームが殺到してしまうし。

決して明るいタイプのドラマではないけど、妙に暴走し過ぎてる感があるよな。。。実際に原作者のモデルもそういう人だったの?

森下の言うとおり、祐太はまず、自分の仕事を優先させるのが当たり前だよ!!! 指導医の新見が厳しくしたり、森下のいうことが正しい!!!!

でも、最後の名刺配りは笑えたな。。。全部の入院患者までにまで手渡してるし、何もわかってないようね。。。
評価:7

うわ~孤立してるような感じですね。。。つよポン。恋人のすずは俺としてはてっきり死んでたのかと思ってたよ~。手話ってことは口では話せへんのやろか?

でも、初回から指導医の言うことには口答えするし、でも、それはサラリーマン時代も同じだったようで。。。納得いかないことがあると、納得いくまで自分の意見を言うタイプなんかな。。。

同じくして研修医に配属された水川あさみが何となく嫌味っぽい。つよポンの先輩でも上司でもなく同期やのに。こりゃ、なんか過去に訳ありやな。。。

そして、俺が一押しの八乙女くん扮する健太郎は至って普通のキャラクターでしたね。。。「金八」@しゅうのように暗くもなければ、「美男ですね」@勇気のように極端に明るいわけでもない。その中間ってところ。

タナセイ演じる森下っていい人なのかそうでないのか、まだ掴めないな。。。

ま、とりあえず、つよポンには頑張ってほしいけどね。。。あまり、孤立状態に成り過ぎるとつらいけど。。。(汗)


カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]