忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6/28(木) 「わたしたちの教科書」最終回

☆☆☆

気になった最終回!! いろんなことが分かりました。キーパーソンが朋美だったということも分かったし。

朋美はある事件から嫌われ、皆からのいじめの標的になっていたんだね。
で、朋美はかつて友達だった明日香に「親もいない子から同情されたくはない」と言い放ってた見たい。で、朋美は明日香に自分が「いじめの標的の代わりになって」と明日香に言ってたみたいで明日香も「自分は一緒に泣いてくれる人がいないから」と受け入れた過去があった。そこで、明日香がいじめの標的になったというわけか。

兼良って朋美と付き合ってたこともあったみたいだね。でも後に大きな波紋を呼び兼良に嫌われるんだけど。

あの、初回での喧嘩はもちろん、明日香が教室の窓から眺めていたの知ってたけど、そのときに朋美が教室に戻ってきて明日香に話しかけていた。朋美は死のうとするけど、結局は明日香に「生きてなきゃダメ」と言われ自殺をやめるわけね。二人とも窓のレールに腰掛けて話していたため、朋美は助かったけど、「また、一緒に帰ろう」と明日香が誘い、明日香が引き返そうとすると明日香は足を誤って滑らせ転落。俺も朋美と同じで、明日香が校庭での喧嘩を眺めていたとき飛び降りるんじゃいかなと思ってた。けど、加地先生に勇気付けられたこともあったし違うのかなとも思ってた。

やはり、自殺ではなく事故だったんだね。でもこれは朋美のせいではないよ、そんなに自分を責めなくてもいいと思う。

ラストは朋美の証言および回想シーンが長々と続いたけど、一方でナイフを兼良を突き刺そうとした音也。何とも無くてよかったけど、代わりに加地先生が重傷を負う羽目になった。。。

一方で雨木校長や引越した朋美の消息が分からなくなるわけだけど、珠子は明日香の墓参りで雨木と再開し、ボランティアをやってることを告げられ、逆に朋美の引越し先も判明。あの証言のときにもちょっとだけ話が出てた例の秘密基地に珠子と朋美が向かったところで何か希望が見えた・・・そんな結末だった。
PR


カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]