忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9/9(水) 最終回「生と死と愛の卒業式!」

☆☆☆

院内学級閉鎖のための卒業式が行われたかと思ったら・・・な、なんだーーー!? 結局は羽場さんがアメリカへ急きょ、行くことになり、院内学級は続けられることに。。。

しかも、院長室を使うって・・・(笑)

でも患者の子供たちもそれぞれ光が見えたって感じで良い結末だったなーーー。和田っちも骨髄移植のドナーが見つかったし、八重っちも退院して高校に入学。

ま、丸く収まりすぎたって感じもするけどね~。

個人的には、希望の光が見えたって感じもするので、これはこれで良かったーーー。

一番なのは和田っちを死なせずに良かった♪
PR
9/2(水) 第9回「聞こえる?窓越し授業」

☆☆☆

終盤は、院内学級廃止&和田っちの悪化する容態のことに話がかかってるみたいだね。

でも、和田っちのあの頭、髪が抜け落ちたんでなくてイメチェンしたのね・・・一瞬、びっくりしたよ~。

クリーンルームって要は、無菌室のことだよね? あの無菌室での電話のやり取りがちょっと心強かったな。。。これがあるからこそ、さみしい思いをせずに済むし!!

お父さんのやり取りも良かったけど、窓越し授業もなんかジーンときたね。

でも、和田っちは、危険な状態に、ホンドク状態に陥ってるわけだし辛いよ~!!

それにしても、この舞台となる病院、いつも思うけど新築みたいで、綺麗!! あぁ、なんか、ここの病院に入院してみたくなった・・・(アホ)
8/26(水) 第8回「学級閉鎖と涙の決断!!」

☆☆☆

きぃーーーーっ!! 桜山の兄(羽場裕一)にむかついたなんのって!!

いきなり唐突に出てきておいて、帰国してm自分が院長に就任し、院内学級を無くす?? そしてその場所に生まれたばかりの赤ちゃんの最新医療施設を作る?? はぁ??

ま、赤ちゃんのための最新医療施設は必要だとは思うけど、他に空きの部屋はないんかい!!

これを桜山もそりゃ、なかなか言い出せないでしょう。こっちもいきなりびっくりしたよぉ!!

でも和田っちの容態が悪化するばかりだね。。。で、病室で授業ですか。

桜山の兄の行動が不覚にも理解できないんだよね、いきなり出てきておいてかなり自己中なんですけど。参太朗もクビにしようとしてるでしょ。

でも、参太朗も立ち向かうのね。

そりゃ、生徒や児童(患者)も動揺しちゃうでしょ。たなっち(田中)なんてこんな病院出たい!なんて言い出したし、八重っち(八重樫)が出ていこうとする。和田っちだって一緒だし。。。(笑)

あ、でも病院を出たところで探していた遥華先生が戻ってきて「あなたたち、何をしてるのよ!!」と。でも、みんな動揺してるんだし、もうちょっと他に言い方ってものもあると思うんだけど。まだ、この遥華先生にイライラするなぁ(汗)

そりゃ、院内学級もなくなると、教師陣もいなくなるってことだよね。

参太朗の熱い気持ちも理解できる。「絶対に閉鎖させたくない! 見舞いがてらに今度はおじさんに変身して授業する」と。

でも、日に日に悪化する和田っちが気になるね。院内学級の閉鎖の問題よりもまずは和田っちのほうが先決だって感じなんだけど。

あぁーーー羽場さんが、嫌!! 勉強はここでやらなくていいなんて、それならば、病室で患者が個人でただ勉強するってこともアカンようなもんじゃん。

そりゃ、参太朗も反論したくなるよね。

8/19(水) 第7回「友人の死!消えた笑顔」

☆☆☆

参太朗先生が入院しちゃったよ。虫垂炎だって・・・ヒヒヒ。

八重っち(八重樫)は受験を認められたようで、おめでとさんです。

でも、翌日、入院中なのに授業にやってきた。え?? 入院中の教師は院内学級に出てきても良いのですか?

でも、和田っちの容態が日に日に悪化していくのがなんか見てられなくてさ~。

参太朗と同部屋の患者が、参太朗が眠ってる間に亡くなったのもちょっとぐぐっときたり。。。

病院が舞台だから、患者の容体が悪化したり、患者が亡くなるってことも忘れてはならんよね。

でも、参太朗が倒れたってのはどうしても笑ってしまう・・・(悪)
8/12(水) 第6回「女医の涙と生徒の笑顔」

☆☆☆

今回はちょっと一歩引いたところもあり。いくら、遥華が恩師がいる大学病院に行ったからって、そっちに異動するとは限らないでしょ。

でも、遥華先生がちょっと近寄りがたい女医だなぁってのはこっちも秘かに感じてた。子供たちへの接し方もちょっとなぁ。。。って感じがするし、アンタ、それでも小児科医なの?って思わされたこともあったし。

千佳がお母さん(芳本美代子)代わりにおいていたぬいぐるみに関してもそばがらが入っており、同じ病室にそばアレルギーの子が近くにいたため没収するし。その子がそのぬいぐるみに近寄らなければなんともないと思うのですが。

和田への接し方でもなんかイライラしてる感じで八つ当たりにしか見えなかったし。治療方針をめぐって喧嘩になり、とある部屋に閉じこもってしまった。ちょっと和田がかわいそすぎたなぁ。

太川があれは杵?を持ち出してドアを突き破ろうとしたのはすごかった。でも和田は出てきたけどね。

ナースへの点滴指示を間違えたのも、やはり遥華はイライラしてるとしか思えなかった。

子供たちから反感を買った遥華だけど、最後の「今のままでいてほしい」っていうのはやはり子供たちも本当は遥華先生が大好きなんだよねって思わされた。


カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]