忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2/8(金) 第5回「子供の絵を良い絵と悪い絵に分けるフシギ先生」

☆☆☆☆

このドラマが、低視聴率って納得いかんなぁ。

「4姉妹」「エジソン」ともそれ程健闘してないのだけど、前回より更に悪いのは裏の「デスノート」のせいかな?

「デスノート」も見たかったが、「エジソン」を早く見たい&DVDに保存しておきたい俺は今回は我慢しました(バカ)

でも、今回はへんちくりんな先生が登場しましたね。

今回の最初は、佐々木と美術館に訪れていた規子は青柳親子(玲実・美月)と美浦と一緒にいる賢人と鉢合わせ。

ここまでの鉢合わせって現実的にあるのだろうか?(笑)

美月さんも娘の玲実に大胆なことを教えてるね。。。子供の頃から美術に興味を示せばいい女になると。

でも、それが「へんな女」になるってこともあるんだよ(笑)

あおいはというと、突然、あおいの服やトラックに落書きをした中年の男(大杉漣)と遭遇。

実は、これぞ、加賀見先生の夫だったんだよ。

なんか、やっぱ訳あり?って感じだ。どうみても大杉さんのやってること、変質者にしか見えないよ。

賢人は発明家になりたいんだって。幸せになるマシーンを開発したいらしい。

同じ小学生でキテレツ君に弟子入りしてみてはどう?(笑)

そんな中、図工の宿題で楽しかったことの絵を描くことになる。

賢人ってば、白い画用紙に白いクレヨンを使い、雪の絵を描こうとする。

見えないっちゅーーーの!!!!(笑)

後日、小学校を訪れた美術評論家(片桐はいり)が「へんな先生」「へんな女」って所なんだよ。

規子のクラスの児童達の楽しかったことの絵の批評をはじめ、「良い絵」と「悪い絵」に分けてしまう。

あのーーーこれって、差別とか偏見とかって言うんじゃないんですかっ!!(爆)

でも、賢人だけは問題視されるのは分かる気もするけど。。。(オイ)

しかも、はみ出てる部分の意味は自分があおいとトコトコ歩いてて、画用紙の中に入っていくという意味を表してたらしい。

また、これは、これは・・・賢人くんらしい、自由なのびのびとした発想ですこと!

一方で、玲実って絵も得意らしいんだよね。。。美月からはよく美術に関心を持つことを褒められたり、絵が上手いと褒められているらしいが、片桐はいりはなんと、玲実の絵を「悪い絵」だと。。。

「ちっとも楽しそうじゃない」

一年生にそれを言っちゃアカンーーー!!

その後の賢人の行動がまたもや!って感じだった。片桐はいりの服装を気にし始めたり、「良い絵と悪い絵があるのはなぜ?」と聞く。

でも、玲実に言った一言で、保護者からクレームが来るのも分かる・・・と思ったが、片桐はいりに理解が出てきたって感じだね。

絵って個性が強く出るものだから、俺は「良い」「悪い」にひとくくりされたくないんだよね。

規子の「のびのび書いても良い」悪くないんじゃないかな?と思う。結構はっきり自分の意見を述べていたし、適当じゃないと思う。

ラストで、美浦が賢人の父親になりたいと!!

もう、今期、ぶっちきりでナンバーワン確定です!!
PR


カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]