忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9/16(火) 最終回「希望僕たちの未来へ・・・」15.0%

☆☆☆

落合が殺害されてしまいました。シバトラは落合の遺体のそばで羽を拾う。

そ、そんなぁ・・・シバトラが殺害容疑で連行されるなんて・・・(涙)

車内からみかけた美月の背中からやはり死神の手が見えたよう。相当、頭痛が走ってる様子だし、ショックみたいね。

そんな中、シバトラの携帯にあの楠木から。美月の殺害予告メールが届いたと連絡が。。。

シバトラのストラップって、落合の殺害現場に落ちていた羽と同じものだったのよね、実は。

パトカーを飛び出し、走り出す、シバトラ。シバトラちゃんはこうでなくっちゃー。

でも、最終的に美月を殺害しようという魂胆が出てくるとは驚きを隠せないな。

でも、7時23分って細かいよね。なんで、そんな細かい時間なの? 25分とかじゃダメなの?

半年前のこの時間に、堀田(偽名)という男が襲われた時に鬼神が誕生。じつはこの男は美月に初回で虐待していたあの父親だった。美月が鬼神というシステムを考え、お父さんを襲わせた。

そっか、美月にはこんな過去があったのね。。。

でも、美月とシバトラが抱きしめあうのが良かったなぁ。

PR
9/9(火) 第10回「脱獄!チーム最大の危機」11.6%

☆☆☆

あらら・・・本当に脱獄するとはぁ。

シバトラが再会した河東(大東俊介)によると本物の鬼神が別に存在し、それが伊能(姜暢雄)かも知れないと。。。

河東って鬼神として捕まったことがあるんだよね、実は。

でも、伊能が本物の鬼神なのかな。とかなり疑い深くなってきたよ。仲間を囮にして脱獄に成功するんだもんね。

なんせ、やることが普通でないしっ!

でも、伊能&シバトラ以外は全員捕まってしまったよ。

そりゃ、何人かはつかまらんと面白くないもんなぁ(笑)

さくらはワカバイによって、捜査から外されてしまった。そりゃ、シバトラの書類を偽造したのはまずいでしょ。やっぱ。

でも、シバトラの場合、脱獄犯として入れてほしくないよなぁ。元はと言えば、犯罪者じゃないんやし。

落合が企んでいる計画・・・東京タワーを占拠しテレビの電波をジャックして人格者と呼ばれている人々がいかに国を汚しているか暴こうとする。

んな、むちゃむちゃなぁ。

それらの情報を得るために覚せい剤や売春できっかけを作って多方面にパイプを作ってきたのね。

一歩も下がらないって感じで本当に、手ごわいよ。このドラマの一番の「悪役で賞」を授与するとしよう。

でも、最後のシバトラの伊能への説得が良かったなぁ。
9/2(火) 第9回「刑務所潜入・・・驚愕の計画!」12.1%

☆☆☆

落合ってまださらに凶悪な犯罪を計画してたとは!!

でも、でもーーーさくらさんってば、シバトラをかつて落合が服役していた刑務所へ潜入させるなんて、刑務所はいくらなんでもまずいでしょ。

いくら、落合と捕まえると言ってもさ・・・それはいけませんって!!

シバトラと同室の受刑者たちはちょっと態度の悪いやつばっか。

でも、一番すごいのはあの看守・小杉の過度な暴力ですよ。いくらなんでもあれはやりすぎですよ、やりすぎ。過去に何かあった?としか思えないし。

この小杉の息子っていじめにあったらしくってそれで自殺してしまって、シバトラと同室の部屋の一人・若林がいじめっ子に似ていたらしくって、それで度が過ぎた暴力を与えるようになったとは。で、一番敵視していたのが若林だった。

ちょっとした若林たちとの格闘で反省部屋に入れられたシバトラは、亡くなった息子に向かって誇れる父親になってくださいって言う。そうだねー。亡くなった息子が父が変わってしまったというのを知ったらもちろん悲しい思いするだろうし。

でも、小杉の変化に受刑者たちもびっくりするというか、不思議になるとうか、違和感を覚えるのは当たり前だよなぁ。シバトラに「何か言ったか?」って感じになるしさ。シバトラと交わした小杉を殺害するという約束が果たされていないため、シバトラに暴力を与えようとするし。

それを止めたのが姜暢雄くん。彼はこの部屋のボスだったのだ。でもこの彼が落合の友達だったとは・・・。

そして、若林が小杉を襲うという事件が発生。そして、姜くんたちが脱獄を計画していたりしてそれにシバトラが巻きこまれたり・・・。

今回は舞台が刑務所ということで激しさを増していたよね。まさか、こんなところに潜入するとは思ってもいなかったし、予想外だったな。

若林役はあの杉浦太陽の弟なんだよね、実は。
8/26(火) 第8回「勇気・・・予測不能の脱出!」11.3%

☆☆☆

リカもシバトラも金井に拉致され、生き埋めにされた。何か米倉涼子の「わるいやつら」をふと思い出したよ!!あれも確か米倉が何か生き埋めにされたことあったよな。

美月が本当に芯がしっかりしてる子だよ。落合と対峙するわけやもんなぁ。「あなたのせいでトラちゃん(※シバトラのことで美月はいつもこう呼んでいる)が苦しんでいる」と。

本当に落合が一歩も引き下がらないって感じで見ていてイライラする。かなりの強敵かもよ。

土中から脱出したシバトラはリカを連れて樹海からの脱出を試みる。でも、傷が悪化していて身動きが不可能。

でも、シバトラを死なせずによかったよ・・・と思いつつみていた。まだ最終回でないのに主人公がこんなところで死ぬとはまずいでしょ。

何者かに暴行され倒れていた小次郎や白豚も生還したし。

さくらの排除する証拠となる報告書って、もし警察にばれれば、シバトラも解雇になる可能性が高いんでしょ??

でも、資料を眺めていた美月のもとにあの楠木まででてくるとは思ってなかったな。

リカに楠木、意外と高校生編が復活してます。

でもリカやシバトラがかなりハードそうに見えてきた。何も食べてないんでしょ?って感じだったしなぁ。服も泥だらけで。。。

でもリカの母親まで拉致されるとは、長年のわだかまりが和解されたのがよかったかもなぁ。
8/19(火) 第7回「悪魔の誘惑・・・必ず君を救う」13.7%

☆☆☆

覚醒剤キャンディーってどんなんよ? もちろん、口にしたら処罰になります。絶対に手を出してはいけません!!(爆)

でも、末永遥がまた出てくるとは思ってなかったなぁ。もうあの件は終わったから。

中毒患者の弥生(大平奈津美)を尾行すると中高生に人気の洋服屋さんに辿り着いたシバトラくん。

そこにリカ(末永遥)がいたわけです。

弥生の言動よりも強力なものが出回っていたことも分かったし。

美月とカップルを装って、店をたずねたシバトラはある芸能プロダクションを紹介される。

リカもその事務所にいて、なおかつ、例のキャンディーの流行に加担していたんだよね。最初は何も知らないと言っていたけど。

あの芸能プロダクションの金井とかいう社長、店長の宍戸が捕まり、まずい状況になったのですべてをリカに背負わせてリカを殺害しようとしていた。

このリカって実は、母親に見捨てられたって感じなんだよね。そんな過去も分かりつつあるし。

でも、何としてでもリカを救って欲しいよねって思うばかりだったな。



カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]