忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6/2(月) 第4回「いじめられる総理」19.3%

☆☆☆

どこに行くにしても「SP」がつく啓太。

ジャニつながりで岡田くんの「SP」が当たったからといって、ちょっとなぁ、フジ。

「○○○王子」といい「SP」といい人気のある肩書き(?)をなんでもかんでも人気者につければいいってもんじゃないでしょ。

視聴率を稼ごうという魂胆がミエミエ。もっと自然体でできないのかね。

あーあ、キムタクなのに20%下回っちゃったじゃんよ。

「僕のすべてはみなさんと、同じです」これで史上最年少の内閣総理大臣に啓太がなったわけだね。

美山も首席秘書官となり、先輩ばかりの専務秘書官4人を従えることになったんだね。

展開としてはそこそこなんだけど、やはりキムタクの肩書きがねー。

組閣に取り掛かる啓太だが、神林に一切を託す。

でもね、神林の言いなりになってばかりではアカンって。それじゃ、若手議員からも失望されてしまうよ。

啓太の新総理生活に待ったはないんだよな。最初は普通これで当たり前だとは思うけど。サブタイトルからにして、こんなに過酷なん?って思ってしまうんだよ。

様々な文書を持ち運ばれるだけで、もう過酷だよ!!って思ってしまうよな。

そうやって、過酷な新総理生活は続いていくのかな。。。

啓太が一つ着目した文書とはダム建設にともない、クラゲが大量発生してしまい漁が出来なくなったと下流の漁民が国に訴訟を起こしたという文書だった。

官僚を呼んでまで問題を追求し始めたり、だんだん総理らしくなってきたよ。

韮澤なんて現地調査までやっていたし。啓太は納得できるまでこの文書に署名できないんだよ。

あの小野田がダム建設当時の国土交通省だったことから、いい協力をしていたと思う。それで、国は控訴を取り下げることになったし。
PR


カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]