忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4/16(水) 第1回「法は人を守らない! 弁護士の理想と現実」8.8%

☆☆☆

うわっ! 初回から視聴率低い!! ここ最近の同枠に比べると結構悪いほうらしい。

「AP」とややダブってる気もしたけど、上戸ちゃんの熱さも同じなんだけどね、テンションの高さは違うよね。

「AP」ではテンション高かったものの、こっちではテンション低いし。

上戸ちゃん演じる灯は社会的弱者を救いたいという、思いで弁護士になったんだから、「AP」の美咲洋子の成り行きな感じとは違って、特別なきっかけもあるし。

だから、モロにテンションが異なるんだろうなって。

それに、今回は服装もちゃんとスーツ着ていたし。

でも、配属先の選択に失敗したんじゃない? 想像とは違う雰囲気で、北村さんとも戸田菜穂ともあまり上手く行かなくなるらしいし。

プロボノとは公益の利益のためにボランティアするという意味らしい。

そんな影の薄いセクションに配属になった灯。最初は富田靖子の問題を担当することになった。

富田靖子は夫の離婚と娘の親権を譲って欲しいと希望してるんだよね。

富田靖子の腕は、痣があった。かなり夫から暴力を振るわれてるらしい。

初回からかなりハードな問題が。。。(爆)

でも、灯って富田靖子と面談重ねすぎじゃない? しおりの忠告を無視してこれが後にトラブルにもなるし。

そりゃ、富田靖子の家に差し入れ持って行くのは良いけど。

灯は「必ず勝って見せます」。今期日テレはこういうヒロインが多いみたいね。「ごくせん」は「必ず卒業させてやる」が恒例だしぃ(笑)

そんな中、富田靖子の娘は保護されるために裁判所に連れて行かれ、絶望した富田靖子は喫茶店に突然やってきた夫を殺してしまった。

で、灯も自信を無くすわけです。最初からすべてがうまくいくとは限らないでしょ。

杉崎が、灯にきついことを。

「弁護士なんかやめてしまえ」。

「AP」でもCAにそぐわないとか色々言われていたけど、ここもドラマの雰囲気がずいぶんと違うよね、こっちはかなりシリアスだったよ。

俺的には堂本灯も美咲洋子同様、頑張れーーーって感じなんだけどね。
PR


カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]