忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7/12(土) 第1回「アニキは元暴走族! 妹を守る・・・これが俺の正義だ!!」12.3%

☆☆☆

なんか、見ていてヤスコとケンジのやりとりが、「花嫁とパパ」のさとみ&任三郎に似てないですかね、ちょっと・・・ってのが初回の感想。

ケンジは元暴走族の総長。親を亡くしたので、妹のヤスコとの生活のため、少女漫画家に転身。ペンネームが桜葉れいかって・・・。

漫画家で男が女性の名前をペンネームで使うと言ったら・・・「ヒミツの花園」の4兄弟・花園ゆり子を思い出すなぁ。

でも、ケンジって過剰すぎる!! ほんまに。スケジュールを勝手に決められるってのはヤスコも可愛そう。

女の子だから、友達とプリクラ撮ったりしたいだろうし、カラオケにも行きたいだろうし。可愛そうすぎます。

しかも、門限が16時!! そう、ココだよ、ココ!! 「花嫁とパパ」と似てるなぁって思ったのは。でも石原さとみよりも早くない?門限が。

16時ってありえないよ。ありえない。まだ学校の授業が終わって数分くらいなのに。

ヤスコは通学中に自転車でとあるイケメン高校生にぶつかる。彼こそが椿純で彼に一目ぼれ。

下校中、新店の花屋の近くを通りかかるヤスコだが、そこは純の家だった。そこで、姉のエリカを紹介されるわけね。

で、純からひまわりの花をプレゼントされヤスコは大喜び。帰り際にエリカから名前を聞かれるヤスコ。「沖ヤスコ(康子)」と知ったエリカは苗字が「沖」と知って「沖ケンジ(健児)」のことを思い出すんよね。

「沖」ってどっちかっていうとあまり多くない苗字やしなぁ。むしろ、珍しいほうじゃない?

お兄さんはいるかと尋ねるがヤスコはいないと嘘を。エリカとケンジがもともと知り合いってことも知らないだろうし、ケンジを兄と思いたくないわけだから仕方ないかもね。

ヤスコはケンジに彼のことを見抜かれ、門限も厳しくされる。そう!ここなのよね。16時の門限が出るのは。おまけに携帯も没収という約束を。

やはり「花嫁とパパ」と似ているなぁ。

翌日、ヤスコは学校で先生に居残りさせられる。かなりの量で16時までには間に合わなさそう?だけど、そこに純がやってきて勉強を手伝ってもらう。

でも、その後、ヤスコは本当にケンジとの約束を破り、純とデート~

でも、ケンジに見つかってしまい、追われる二人。

「ヤスコォーーーーー!!」

ってどこまで行き過ぎてる過干渉なんだよーーーっ!!

その後、ヤスコは純と一緒につばきフラワーへ行くものの、結局は帰ることになるんだね。純が途中までヤスコをおくるが、そこにケンジがやってきた。

もう、ヤスコとケンジが兄妹だってことがばれてしまった。

厳しく詰問するケンジにヤスコは反発。「嫁パパ」の任三郎のほうがまだよかった。元暴走族ではないから、言葉遣いも普通だったからかな。

それでも石原さとみは反発してたけどね。でもこの石原さとみも多部ちゃんよりは荒れてないかも。

石原さとみと任三郎は「兄妹」ではなく「父娘」の間柄だしね。それで「嫁パパ」のやりとりのほうがまだ静かな感じに見えたのかも。

家を飛び出したヤスコは純と一緒にチンピラに絡まれるが、そこにヤスコを助けにケンジが現れる。

絡まれた場所といい、「ごくせん」とダブってる感じがして、同枠で余韻を残したいのかね? 内山くんも引きつづいて出演だしね。

その割には全然「ごくせん」に視聴率届いてないよ(笑)

一方で、エリカも純を助けにやってきた。「ヤンクミ」2号さては狙ってますね?(笑)

そう!エリカは今は清楚だけど実は元レディースだったのよ。その割りにかおりがまだ清楚ではないけどね。。。

ま、それ程悪くなかったかも・・・という印象。
PR


カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]