忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2/14(木) 第17回「横綱の品格」

☆☆☆☆

玉ちゃん@玉田透って相撲部だったんだ。。。あ~、どっちかっていうと、力士顔だし、体格も似てるかも!?

そうだよね。ここは名門相撲部のある高校を狙うしかないよね。

そんな中、3年間無欠席・無遅刻・無早退を続け、皆勤賞がかかっているイガピー@五十嵐雅迪が風邪を押して登校。

ここまで、来れば皆勤賞は目の前だ~!って感じになるよね、そりゃ。。。

でも、私立の受験を目の前にした生徒たちはいい迷惑なんだよね。

その中で、玉ちゃんはすごい優しいんだよ。イガピーを負ぶって放課後、家まで送っていく。。。

でもこの優しさがかえって凶と出てしまったんだよ。玉ちゃんにイガピーの風邪がうつってしまい、玉ちゃんが狙っていた相撲部の高校の入試で玉ちゃんが試験中に倒れてしまった。

で、倒れて受験できなかった教科も受けられなかったんだよね。「優しさ」もこういう悪夢に発展することもあるとはな。

それを聞いた生徒たちはイガピーを避けるようになったんだよ。熱も下がり志望校に合格したイガピーを誰一人祝福しない。それで、イガピーは机とイスを持って廊下で授業やHRを受けることに。。。

それは3B教室で留まるのではなく、美術等の教室移動の際でも廊下から受けてるし。

体育とかはどうするんだよ!?

イガピーは鹿島田に虐めにあっていると通告。

これって「いじめ」って言わないでしょ?「責める」のと「虐める」では全然違うし。

でも、玉ちゃんが風邪もなおり学校に復帰した後、それでもイガピーに優しかったね。玉ちゃんは力士や相撲少年になるのは、もっと強くならなきゃという思いもあったのよ。自分の意思やイガピーへの寛大な心からにして、素晴らしい力士や相撲青年になるように頑張れ!!

今回はタマちゃんとイガピーへの友情以外にもいろいろあって、乙女も坂本家を離れ、幸作も沖縄へ県民学習。

そう!「ただいま」って言っても坂本家には誰もいないんだよね。一人、乙女の部屋でわびしくバレンタインチョコを食べる金八が良かったです。乙女への「贈る言葉」も良かったし。

それにしても、乙女の部屋って初めて出てきたんじゃない?
PR
2/7(木)第16回「3B生徒に霊能力者がいた!!」

☆☆☆

いよいよ、願書の提出の時期ですか。。。そうなると、このドラマも刻々と最終回のときが近付いてるんだなぁって名残惜しい気持ちになってきますね。

8期生の生徒たちの顔も見納めの日が迫ってるのは寂しいデス・・・(泣)

そんな中、徹夜が続くみぎわさん似の(笑)詩織がHR中に倒れる。このシリーズで生徒が授業中に倒れるっていうと。。。詩織の2つ真後ろの席の清花を思い出すんだけど、、、そんなに重病じゃなかったみたいですね。

でも、意識を取り戻すが人が変わったような変化。

もちろん、「ちびまる子」のみぎわさんのようにイケメンくん(「まる子」では花輪くん、「金八」では大将とか)に溺愛を注ぐ・・・そんな感じとは違います(笑)

なんか、金八が誰だか分からなくなったりしたのよね。

そういえば、詩織って正月SPで巫女の手伝いやってたような気がするけど、普通、中学生のバイト(大将の寿司屋)は除いて駄目だけど、なるほど・・・彼女の家は神社とかそういうところだったのか。

紋土と父を合わせるために旅費を工面しようとオークションに出品したとき、彼女は家宝を出してたけど。。。そういうものが家にあるってのも分かるなぁ。(笑)

だから、お母さんも乗り込んできたのかなって今回、思った。神社には必要不可欠だよなって思うもん。

話がこれまでのストーリーとずれてしまった。今回の本題に戻すと、みなみの守護霊に頼まれた詩織。

みなみとみーちゃんにバレンタインのパーティーに参加するのを引き止める。

そのパーティー会場で火事が発生することがわかる。でも、本当に火事が発生したんだよね。

んな、アホな~って思ってしまうけど、でも金八の守護霊が亡妻・アマゾネス(倍賞美津子)だってことも分かったし。アマゾネスは金八や3Bを天国から見守ってるんだよね。いい話や。

今回のネタは正直、どうかなぁと思ったけど、いわれてみれば異色のストーリーだったような気も。

霊感が見えるってのは、バラエティーでやってほしいけどなぁ。
1/31(木)第15回「謝る事・許す事の難しさ」

☆☆☆

今回は、順子とみゆきが同時メインってとこかな。25人全員メインにすることになると、金八は22回~23回くらいしかないので、生徒の人数より少し少なめの回数だから、どこかで2回ほど2人一緒にメインにしなきゃだめなんだよね。

で、、、今回は階段で順子の背中にみゆきが触れてしまって順子が転落。。。でもわざとじゃなかったんだよね。

実は「2」でも良くにた話があると言ったが、これは園枝!(しかも順子と同じ席です)園枝の場合は誰が触れたわけでもないけど、めがねから慣れないコンタクトに変えたらか、階段で転んでしまって(しかも、順子と同じ位置だった)、学芸会の主役を降板するという事件があったのよね。

で、順子の場合も、にたようなことでバレエの発表会に出られなくなってしまった。

順子の場合は、誰かに触れられているからかそれで転落したので、親がみゆきの親にも損害賠償を請求すると言い出した。

順子の両親も孝志の両親とよく似ていてモンスターペアレンツだった。

孝志の両親もそうだけど、順子の両親にも呆れてしまうな。。。わざとじゃないのに。

順子も、最初はみゆきに「気にしないで」って感じだったのに、母親にみゆきと関わるなとまで言われて、ここで二人の関係もギクシャクしてしまうんだよね。

で、みゆきは業と、自分から階段から飛び降りようとしてしまった。みゆき役の梶尾舞さんって吉本興業所属で、ニコラス役の岩方くんも吉本興業で、それでこの二人がよくお笑いみたいになってるんだよね。

でも、今回はみゆきもこういう暗めの演技だったので、お笑い以外でもしっかり演技ができるんだなって思いました(笑)

みゆきは痣だけで済んだ見たいですね。。。でも自殺未遂はだめよ、だめ。

金八が最後、二人の両親を学校に呼んだのがよかったな。相変わらず、順子の親はモンスターペアレンツだけど、最終的には訴えを取り下げたし。

みゆきと順子も仲直りしたし。良かったですね。そう、「謝る事」「許す事」ってどっちも難しいと思う!

二人の親はもうちょっと、子供の心を聞くべき。それが普通親でしょ?


1/24(木) 第14回「あの頃の父は大好きだった!」

☆☆☆

今回は、高校の模擬面接シーンがあったね! 模擬面接ってシリーズによってあったりなかったりするけど、色んな生徒が「やり直し」みたいな感じで見てて面白い。

ま、「そんなんで高校受からないよ」って思ってしまうけど。前作「7」で久しぶりの復活だったみたいで、初期シリーズでは多くの生徒の模擬面接が出てくるので見てない人は見てください(笑)

ちなみに、模擬面接というのは中学で金八たちが行う面接テストのようなもんです。

今シリーズの模擬面接で、一番問題を起こしたのが大将でしょう。みなみもアイドルぶってたのも問題だけど。

大将って鹿島田校長達に親のことで触れられたのよ。そりゃ、父はろくに仕事もせずに大酒飲み。母親は夜逃げ。。。なんて言えることじゃないよね。

そういや、「5」で金八が言ってたんだけど、高校入試の面接って親のことで触れることはないと言っていたのを思い出した。最初は親のことも聞かれますと言ったんだけど、翌回か翌々回位に訂正したんだよね。当時、幸作が中学校3年だったんだけど、金八は妻(倍賞美津子)を亡くしたわけで、幸作がもし面接で「お母さんは?」と聞かれると気まずくなるでしょ?だから人権問題にも発展するんだって。

鹿島田校長よ、こんなことも知らなくていいのだろうか。ったく!(爆)千田校長にもムカついたけど、この校長にもムカつくな。千田校長よりはマシだろうけど(皮肉)

ま、大将も少し落ち込むくらいならいいけど、反抗的な態度を取ったらだめーーー。おかけで、鹿島田校長が推薦してくれた高校も鹿島田により推薦撤回に。

でも、後半、何かと美香が大将の心強いパートナーになってるよね。今回なんてこの問題で抗議してたよ。

もしかして大将の事が好き?? だから、そうやって力になってるんでしょ?(笑)

大将も裕美の家の寿司屋で仕事を始めるんだけど(中学生のアルバイトはいけないが事情を知った裕美の父が薦めた)、何か大将を見てると桜中ではなかったが「3」の裕子を思いだすな。この子も、口が悪くて、母親もいないし、父親も仕事もせずに大酒飲み、そして生活費を稼ぐために居酒屋でバイト。裕子の場合は、学校にはバイトしてるのは内緒にしてたんだっけね。ま、大将みたいに派手に暴れることはしなかったんだけど(笑)

大将は今では父のことが嫌いなわけだけど、元気で植木職人として活躍していた頃のお父さんは大好きだったのよね。男の子は父親の背中を見て育つもんだし、女の子は母親の背中を見て育つもんだからそれは当たり前だよ。

今回は、金八も大将の父に一喝してましたよ。おまけにお酒やビールまで流し捨ててしまった。。。

裕子の父親(前田吟)にはしてなかったような(爆)逆に、裕子の父親は亡くなってしまったので大将の父親はどうなるのか、心配だな。ま、サトケンの父親が亡くなってるので、同じシリーズの生徒の父親が立て続けに亡くなるってことはないだろうけど。

アルコール依存症で入院ってことになってしまったけど、元気に帰ってきて欲しいよね、本当に。

次回はバレエ発表会の前に順子が学校の階段で怪我をしてしまうお話。これも「2」でよく似ている話が存在します。

1/17(木) 第13回「年上の女性のワナ」

☆☆☆

あの智春が一目ぼれした年上の女の子(永岡真実)って実はグルだったんだよね。「濡れ衣を着せられた」・・・その不良グループから金10万円を要求されてしまう。

智春は大将に助けを求めるが、実は、、、この不良って最近大将がよくつるんでいる不良なんだよね。で、、、大将はこの不良を説得するが、うまく行かず、自分が用意するよう命じられてしまうのよ。

他人事ではないけど、不良って説得するのって難しいからなーーー。

一方で、智春はお金に執着している千尋のお金を体育が終了後、女子が着替えて帰ってくるまで盗み取る。やはり10万円っていう金額・・・簡単に手に入るもんじゃないしね。ココはやはり高利貸しの千尋の財布が出てきたかーーーって感じ。

教室がざわつく中、大将がこっそり智春に渡せって言ったせいか、大将が疑われることになった。

誰もが大将が犯人だと思ってる中、美香だけは智春が犯人だったって言うことを見抜いてるみたいね。

殴られている大将の救出劇も見ごたえあったよ。それを金八や智春が追うんだけど、それを千尋が見ていたのよ。千尋も事実を知ったことになるだろうし、でも複雑だったんだろうな。

今回は「美人局被害」「大将と智春の友情」など色々細かく描かれていたね。

智春の問題は解決しただろうけど、大将はまだ解決したとはいえないよね。どこまで尾を引くのか。。。


カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]