忍者ブログ
06年4月からのドラマ(一部06年1月期のドラマあり)&映画のレビュー。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3/20(木) 最終回「サヨナラ金八先生」

☆☆☆☆

「金八」って大体は3月の最終週までやってて、最終回が「4」以降はいつも2時間15分くらいあるんだよね。「4」「5」「6」については、最終回の一つ前の回も2時間、それに、今作では桜中学としては初の卒業証書授与のシーンがなかった。

今作は1週早く終わる、最終回も通常54分、今までずーーーっとあった恒例のシーンもないってことは俗に言う打ち切りじゃないだろうね。

美香が電話で体育館でみんなと立てこもってることを家に報告しました。かけつけたお父さんが美香の頬を叩きましたよ。

宅麻伸さんってもっとカッコイイって思ってたんだけど、このお父さんはちょっと嫌かもな。

元々は、金八が3B担任を外されたのはこのお父さんに原因がありそうだって感じだし。美香の願いをもっと早くに認めてればね。。。

でも、金八は「3Bにはいろんな生徒がいるということ」「お父さんは美香を高い山の頂上に置き去りしていること」を言う。

そして、美香にとってかなり大切なのが、金八もそうだろうけど、24人のクラスメイトだろうし。24人は美香と一緒にいると笑ってくれるわけだし。

そう、美香って3Bという自分の居場所を突き止めたわけだし、ここからみんなと卒業出来なければ、自分は前に進めないと。

そう、中途半端な思いで進めないし・・・後悔するだけだし。

一歩前に進むってのはみんなと一緒に卒業してから始めて出来ることだと思う。

そして、金八の3B担任としての行方・・・他の教師たちも駆け寄って、鹿島田は金八を3B担任に戻す。

結果、数時間後の卒業式にも出席できることに。

で、卒業式。。。先ほども言った。証書授与のシーンがなかったのは残念。代わりに今作では答辞を3B全員で言うことになって、それが代わりになったって感じでもあるけどね。

金八との思い出や、友達との思い出、金八から学んだことを一人一人が「呼びかけ」みたいな感じで言って行くんです。

美香はこの町で生きてきたいと。うん、美香は卒業後もみんなと仲良くして欲しいよ。

最後には「金八」から贈るメッセージ。前作と同じでしたね。漢字一文字を贈るんだよね。但し、前作では色紙みたいなのに書いていたが、今作では25人が提出した個人ノートの最後の表紙の真っ白な部分に書かれていた。

「5」や「6」でも同じシーンがあるけど、パターンが違って「5」は卒業式の後に生徒が黒板に書いた自分の名前、「6」は冬休みの宿題の書初めで生徒が立てた自分の立志を返却だった。

「5」「6」「7」「8」ともその金八から贈る言葉とは、生徒の未来に対する目標などがこめられている。「5」では幸作も贈られてました(笑)

でも毎シリーズ、このシーンがすごい感動できるんだよ。生徒や金八もみんな、涙ぐんでるし。

「5」「6」「7」の生徒もその言葉通り、頑張ってるかなとか、「8」の生徒もその言葉通り生きていってほしいって思うし。

でも、良い最終回でした。また「9」をやることになったら、いくら低視聴率でも最終回はスペシャルにして欲しい。

PR


カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
サルちゃん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]